聖別された肉体 : オカルト人種論とナチズム

横山茂雄 著

ヒムラーが人種政策において「最終的解決」に劣らず精力を傾注したのは、高等人種、すなわち、純粋ゲルマン=北方人種の「育成」であった。ついにはユダヤ人大虐殺に至るナチズムと、アドルフ・ランツ、グイド・フォン・リスト(更にはブラヴァツキー…)等のオカルト進化=人種論との深くかつ微妙な関係、ヨーロッパ現代史の影の部分ともいうべきこの問題を気鋭の英文学者が英独仏の夥しい文献を渉猟しながら、《例外的な狂気や奇想の歴史》としてではなく、今日の問題、われわれの「抑圧された不安と欲望」の問題として徹底的に問い糾した野心的大著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ウィーン=バビロン
  • 第2章 鉤十字の城
  • 第3章 根源人種の彼方に
  • 第4章 予言者たち
  • 第5章 ナチ出現前夜
  • 第6章 「20世紀の神話」
  • 第7章 「祖先の遺産」
  • 第8章 ホムンクルスの流産
  • 附録(歪んだ性意識-ヴァイニンガー、シュレーバー、ランツ
  • 玄米、皇国、沈没大陸
  • J.ランツ=リーベンフェルス博士『神智学とアッシリアの獣人』〔抄〕)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖別された肉体 : オカルト人種論とナチズム
著作者等 横山 茂雄
書名ヨミ セイベツサレタ ニクタイ
シリーズ名 ロサ・ミスティカ叢書
出版元 書肆風の薔薇
刊行年月 1990.11
ページ数 398p
大きさ 20cm
ISBN 4891762365
NCID BN05527578
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92013041
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想