株式の本質と会社の能力

服部栄三 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 第一章 株式の本質 / p1
  • 一 社員権説の確立 / p1
  • 二 株主の権利義務 / p13
  • 三 社員権否認論 / p24
  • 四 共益権の本質 / p30
  • 第二章 株式の債権的構成 / p41
  • 一 株式債権論の背景 / p41
  • 二 株式の債権的構成 / p51
  • 第三政 社員権論 / p71
  • 一 物権説・債権説・社員権説 / p71
  • 二 社員権説の立場における諸問題 / p74
  • 三 財団的理論と組合的理論 / p81
  • 第四章 額面株式と無額面株式との両建に伴う諸問題 / p87
  • 一 序説 / p87
  • 二 設立に際しての株式発行 / p88
  • 三 新株発行 / p91
  • 四 転換証券と額面・無額面の両株式 / p94
  • 五 準備金の資本組入・株式分割および株式配当 / p102
  • 六 資本減少および株式の併合 / p105
  • 七 結語 / p110
  • 第五章 会社の能力 / p112
  • 一 序説 / p112
  • 二 機関概念と社員概念 / p114
  • 三 権利能力と行為能力 / p121
  • 四 不法行為能力 / p130
  • 第六章 会社(法人)の不法行為能力 / p138
  • 一 責任能力・故意過失と損害賠償責任 / p138
  • 二 法人の不法行為能力 / p147
  • 第七章 会社の定款 / p163
  • 一 定款の二つの意義 / p163
  • 二 商法にいわゆる定款の意義 / p165
  • 三 定款の記載事項の三種類 / p171
  • 四 定款変更にいわゆる定款の意義 / p175
  • 五 定款以外の自治規範の定立および変更 / p178
  • 六 結語 / p183
  • 第八章 事実上の会社 / p185
  • 一 序説 / p185
  • 二 設立中の会社 / p187
  • 三 人的会社における設立行為とその無効・取消 / p193
  • 四 株式会社における設立行為とその無効・取消 / p199
  • 五 株式会社における設立の客観的無効原因 / p202
  • 第九章 会社合併の基本的性質 / p209
  • 一 序説 / p209
  • 二 通説の問題点と会社現物出資説 / p210
  • 三 会社現物出資説の問題点 / p213
  • 四 社員現物出資説 / p216
  • 五 若干の個別的問題の検討 / p219
  • 第一〇章 近代株式会社法の基礎視点とその機能 / p223
  • 一 序説 / p223
  • 二 近代株式会社法の基礎視点 / p224
  • 三 近代株式会社法の現実的機能 / p232
  • 四 会社法の現代的反省 / p241
  • 第一一章 ルノーと近代株式会社法学 / p248
  • 一 ルノー以前の株式会社法学 / p248
  • 二 株式会社の概念 / p254
  • 三 株式会社の法学的性質 / p256
  • 四 株式引受の問題 / p265
  • 五 設立に関する国家の許可 / p269
  • 第一二章 共同決定権とドイツ法 / p272
  • 一 序説 / p272
  • 二 共同決定権の基礎 / p274
  • 三 共同決定権と私法原理 / p277
  • 四 共同決定法の疑問点 / p279
  • 五 共同決定権導入の具体案 / p281
  • 事項索引 / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 株式の本質と会社の能力
著作者等 服部 栄三
書名ヨミ カブシキ ノ ホンシツ ト カイシャ ノ ノウリョク
出版元 有斐閣
刊行年月 1964
ページ数 285p
大きさ 22cm
NCID BN05525029
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64013030
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想