グレン・グールド著作集  1 (バッハからブーレーズへ)

ティム・ペイジ 編 ; 野水瑞穂 訳

グレン・グールドは1982年に50歳でこの世を去った。この類まれなピアニストは同時に才気あふれる放送作家であり、傑出した批評家でもあった。本書は、1956年最初の"ゴルトベルク"変奏曲レコーディングのときの覚え書きから、死の直前に編者ティム・ペイジと交わされた感動的な対話にいたるまで、グールドが公表を前提にして書いたり話したりした言葉のほぼ全部を、初めて集成したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 音楽(ウィリアム・バードとオーランド・ギボンズ
  • ドメニコ・スカルラッティ
  • フーガの技法
  • ボドキーのバッハ論について
  • ロマン派のめずらしい人たちを掘り出すべきか、いや、いっときのはやりにすぎない
  • リヒャルト・シュトラウス論
  • シベリウスのピアノ作品
  • アルノルト・シェーンベルクの第二室内交響曲
  • ソビエト連邦の音楽
  • 20世紀カナダのピアノ音楽 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グレン・グールド著作集
著作者等 Gould, Glenn
Page, Tim
野水 瑞穂
ペイジ ティム
グールド グレン
書名ヨミ グレン グールド チョサクシュウ
書名別名 The Glenn Gould reader

バッハからブーレーズへ
巻冊次 1 (バッハからブーレーズへ)
出版元 みすず書房
刊行年月 1990.11
ページ数 357, 10p
大きさ 22cm
ISBN 4622043815
NCID BN05521990
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91011165
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想