商法の企業法的考察の意義

鈴木竹雄 著

[目次]

  • 目次
  • 商法の企業法的考察の意義 / p1
  • 商人概念の再検討 / p15
  • はしがき / p15
  • 一 一般私法との関係 / p19
  • 二 経済法との関係(商人法か企業者法か) / p24
  • 三 商人法か商行為法か / p31
  • 四 商人法か企業法か / p41
  • 五 商人概念の範囲 / p49
  • 経済の変遷と商法-商法と経済統制法の関係に関する一考察 / p71
  • 経済統制法と商法 / p99
  • はしがき / p99
  • 一 諸説の批判 / p101
  • 二 自説の展開 / p113
  • 貸借対照表法の最近の動向 / p127

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 商法の企業法的考察の意義
著作者等 鈴木 竹雄
書名ヨミ ショウホウ ノ キギョウ ホウテキ コウサツ ノ イギ
シリーズ名 法学選集 ; 第6
出版元 勁草書房
刊行年月 1958
ページ数 141p
大きさ 22cm
NCID BN05514510
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58005294
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想