農地改革に関する諸論説  その1

I. Hewws Larence著 ; 上原信博編

[目次]

  • 目次
  • I 農地改革法批判
  • (1) 第一次農地改革法批判 / p1
  • 1 大内兵衛 農地制度改革の意義・世界週報 一九四六年一月一日 / p1
  • 2 向坂逸郎 土地制度改革について・日本評論 一九四六年一月 / p10
  • 3 向坂逸郎 日本経済における封建的基盤・世界評論 一九四六年二月 / p17
  • 4 井上晴丸 農地制度改革案論攻・時論 一九四六年二月 / p21
  • 5 東畑精一 日本農業の在り方・農業評論 一九四六年二月 / p30
  • 6 大内兵衛 日本社会党と農地改革・中央公論 一九四六年三月 / p39
  • 7 近藤康男 農民解放の基礎課題・評論 一九四六年三月 / p48
  • 8 近藤康男 農地調整法改正の批判・言論 一九四六年三月 / p61
  • 9 東畑精一 農地制度改革の基準・法律新報 一九四六年三月 / p70
  • 10 北原道貫 「農地制度改革」の本質・自由評論 一九四六年四月 / p77
  • 11 大内兵衛 農村民主化の途近からず・世界 一九四六年八月 / p87
  • (2) 第二次農地改革法批判 / p93
  • 1 平野義太郎 土地改革の民主的方向・改造 一九四六年九月 / p93
  • 2 那須皓 農地制度改革の後に来るもの・世界 一九四六年十一月 / p105
  • 3 吉村正晴 土地改革の当面の方向・中央公論 一九四六年十一月 / p114
  • 4 井上晴丸 「第二次農地改革」の性格・時論 一九四七年一月 / p120
  • 5 栗原東洋 在村地主-一町歩・中央公論 一九四七年三月 / p128
  • 6 小池基之 協同組合主義の幻想・労働問題研究 一九四七年三月 / p139
  • 7 近藤康男 土地改革進展の方向・農業問題 一九四八年一月 / p148
  • 8 大内力 『日本資本主義の農業問題』・日本評論社 一九四八年四月 / p154
  • 9 大内力 『日本農業の財政学』・農業総合研究所 一九五〇年十月 / p164
  • II 農地改革評価の理論的諸問題
  • 1 伊藤律 日本農政の歴史的批判・評論 一九四六年三月
  • 2 伊藤律 農業革命に於ける二つの道・民主評論 一九四六年四月
  • 3 菅間正朔 「農民解放」の基本的動向・自由評論 一九四六年四月
  • 4 宇野弘蔵 我が国農村の封建性・改造 一九四六年五月
  • 5 栗原百寿 日本農業の民主化・文化評論 一九四六年六月・一九四七年三月
  • 6 井上晴丸 日本農業の進路・日本評論 一九四六年七月
  • 7 小池基之 日本農業革命の理論・経済評論 一九四六年七月
  • 8 信夫清三郎 農業革命における二つの道・経済評論 一九四六年八月
  • 9 信夫清三郎 農村における封建性・評論 一九四六年八月
  • 10 大内力 農地改革の進歩性と退歩性・世界経済 一九四六年十月
  • 11 小池基之 日本農業再建の論理・世界経済 一九四六年十月
  • 12 菅間正朔 土地国有論・世界評論 一九四六年十一月
  • 13 小池基之 土地改革批判の展望・経済評論 一九四六年十二月
  • 14 信夫清三郎 農業革命における勤労農民型の道・経済評論 一九四七年二月
  • 15 栗原百寿 地主的土地所有と農民的小商品生産・経済評論 一九四七年六月
  • 16 栗原百寿 農地改革法に関する諸論説・社会科学 一九四七年六月
  • 17 大内力 ある「農業革命論」・評論 一九四七年七月
  • 18 対馬忠行 土地国有と農業革命・評論 一九四八年二月
  • 19 井上晴丸 農業進化の「二つの道」について・社会科学 一九四八年九月
  • 20 鈴木鴻一郎 農地改革の性格・『日本農業と農業理論』(お茶の水書房 一九五一・十二)所収
  • 21 高杉次郎 農地改革と土地国有化の問題・経済評論 一九五三年十一月
  • 22 井上晴丸 「二つの道」について・『日本資本主義講座VI』(岩波書店 一九五四・五)所収
  • III 農地改革の性格規定
  • 1 深谷進 農村階級関係の変化について・前衛 一九四八年七月
  • 2 井上晴丸 宇佐美誠次郎 戦後日本における半封建制と独占資本・経済評論 一九四九年十月
  • 3 山田盛太郎 農地改革の歴史的意義・『戦後日本経済の諸問題』(有斐閣 一九四九・十)所収
  • 4 伊藤律 民族独立のための農業革命・前衛 一九五〇年四月
  • 5 大谷省三 農村における半封建性の残存について・経済評論 一九五〇年六月
  • 6 近藤康男 新しき農民の危機・日本評論 一九五〇年六月
  • 7 古島敏雄 地主の小作地取上と農地改革の隈界・東洋文化 一九五〇年十一月
  • 8 綿谷赳夫 農地政策の課題・農業問題 一九五一年二月
  • 9 栗原百寿 戦後における農民層の分化と農村社会構造の変化・社会学評論 一九五一年三月
  • 10 井上晴丸 『農業問題入門』・青木書店 一九五一年六月
  • 11 栗原百寿 『現代日本農業論』・中央公論社 一九五一年十月
  • 12 近藤康男 『農地改革の諸問題』・有斐閣 一九五一年十月
  • 13 梅川勉 民族問題と農民問題・経済学雑誌 一九五二年一月
  • 14 近藤康男 崩れゆく農地改革・経済往来 一九五二年五月
  • 15 津田三平 誤つた土地改革論とその根拠・前衛 一九五二年六月
  • 16 栗原百寿 農地改革の成果と今後の推移・農業問題 一九五二年八月
  • 17 星埜惇 改革後における半封建的農業構造について・商学論集 一九五二年八月
  • 18 西山武一 農地改革と資本、地主及び農民・農業総合研究 一九五二年十月
  • 19 井上晴丸 戦後農地改革と半封建制・理論 一九五二年十一月
  • 20 石渡貞雄 独占資本の農村麦配とはなにか・理論 一九五二年十一月
  • 21 栗原百寿 わが国小作料の地代論的研究・経済学 一九五二年十二月
  • 22 綿谷赴夫 自作農と農村の前近代性・農業と経済 一九五三年一月
  • 23 井上晴丸 農地改革と地主制・マルクス・レーニン主義研究 一九五三年十二月
  • 24 井上晴丸 改革による地主制の再編成・『日本資本主義講座V』(岩波書店 一九五四・二)所収
  • 25 石渡貞雄 『農地改革の基本構造』・東京大学出版会 一九五四年二月
  • 26 内海義夫 農地改革の評価について・農業経済研究 一九五四年三月
  • 27 大島清 農地改革の帰結・農業経済研究 一九五四年三月
  • 28 中江淳一 農地改革の実態とその意義・農業経済研究 一九五四年三月
  • 29 服部一馬 地主制と農村共同体・経済と貿易 一九五四年三月
  • 30 山田勝次郎 農業危機の特質・『日本資本主義講座VI』(岩波書店 一九五四・五)所収
  • 31 票原百寿 農業経済学と農村社会学・農業経済研究 一九五四年六月
  • 32 大谷省三 自作農の実存形態・『農村問題講座I』(河出書房 一九五四年七月)所収
  • 33 西山武一 農地改革の歴史的地位・『農村問題講座』(河出書房 一九五四年七月)所収
  • 34 三好四郎 半封建的土地所有論・愛知大学法経論集 一九五四年十一月
  • 35 井上晴丸 植民地的隷属半封建的土地所有制度・『日本資本主義講座X』(岩波書店 一九五五・二)所収
  • 36 栗原百寿 『農業問題入門』・有斐閣 一九五五年三月
  • 37 栗原百寿 耕作権の概念とその実存形態・一九五五年三月(『農業問題の基礎理論』時潮社 一九五六・四)所収
  • 38 中江淳一 農地移動の実態と農民層の沈澱・農林統計調査 一九五五年八月
  • 39 中江淳一 農地改革と農地制度・『農地改革一〇年』(改革十周年記念事業会 一九五五・十)所収
  • 40 井上晴丸 農地改革をかえりみて・北方農業 一九五五年十月
  • 41 大島清 農地改革と農政の課題・北方農業 一九五五年十月

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 農地改革に関する諸論説
著作者等 上原 信博
農政調査会
小宮 昇平
Larence I. Hewws
書名ヨミ ノウチ カイカク ニ カンスル ショロンセツ
書名別名 Nochi kaikaku ni kansuru shoronsetsu
巻冊次 その1
出版元 農政調査会
刊行年月 1959
ページ数 2冊
大きさ 24cm
NCID BA42119910
BA34176373
BN05505509
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59008563
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想