経済学史

越村信三郎 著

[目次]

  • 目次 / p1
  • まえがき / p1
  • 序説 / p3
  • I 奴隷制社会の経済思想 / p7
  • 1 ギリシアの経済思想 / p7
  • 2 ローマの経済思想 / p19
  • II 封建制社会の経済思想 / p27
  • III 資本主義社会への過渡期の経済学 / p34
  • 1 重商主義 / p34
  • 2 ユートピア思想の発生 / p47
  • 3 古典学派の生成 / p50
  • 4 重農主義 / p68
  • IV 資本主義社会生成期の経済学 / p86
  • 1 古典派経済学の基本性格 / p86
  • 2 古典派経済学の発展 / p89
  • V 資本主義社会発展期の経済学 / p112
  • 1 古典派経済学の完成 / p112
  • 2 俗流経済学の萠芽 / p123
  • 3 ユートピア社会主義の勃興 / p138
  • 4 リカードウ学派の解消 / p152
  • 5 リカードウ派社会主義 / p159
  • 6 古典派経済学の破産 / p167
  • 7 歴史学派の生成 / p172
  • VI 資本主義社会最盛期の経済学 / p183
  • 1 マルクス主義の発生とその特質 / p183
  • 2 マルクスとエンゲルス / p186
  • 3 マルクス主義の哲学と世界観 / p189
  • 4 マルクス主義の経済学説 / p193
  • 5 マルクス主義の社会主義 / p206
  • VII 資本主義社会衰退期の経済学(現代経済学の大観) / p213
  • 1 マルクス主義経済学の発展 / p213
  • 2 新歴史学派あるいは講壇社会主義 / p223
  • 3 制度学派 / p226
  • 4 近代理論経済学 / p229
  • 5 オーストリア学派 / p233
  • 6 ローザンヌ学派 / p244
  • 7 スウェーデン学派 / p249
  • 8 ケンブリッジ学派 / p252
  • 9 ケインズ学派 / p260
  • 10 マルクス主義経済学と近代有産者経済学との対決 / p277
  • 参考文献 / p280
  • 人名索引 / p285
  • 事項索引 / p290

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済学史
著作者等 越村 信三郎
書名ヨミ ケイザイガクシ
出版元 春秋社
刊行年月 1962
版表示 普及版
ページ数 300p
大きさ 22cm
NCID BN05502919
BN13907268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62005548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想