人づくり風土記 : 全国の伝承・江戸時代  12 (ふるさとの人と知恵・千葉)

加藤秀俊 ほか編纂

九十九里の海豊かな房総、庶民信仰も厚い成田山。江戸に隣接して、産業振興と文化・教育が早くから結実した地域には、先達たちの活躍があった。醤油造りの里に、海川の要衝に、江戸時代からいまに伝わり息づく知恵を訪ねて。丹念に聞き書き歩いて編んだ、千葉圏の人づくり読本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前章 近世の千葉 その地域振興の足どり(大江戸の繁華をささえた流通と生産の基地
  • 全国に知られる多彩・豊富な物産 ほか)
  • 第1章 自治と助け合いの中で(利根川水運の発展
  • 椿海の干拓事業-辻内刑部左衛門と鉄牛和尚の尽力 ほか)
  • 第2章 生業の振興と継承の中で(行徳塩田
  • 九十九里浜の地曳網漁
  • 近江屋甚兵衛-上総ノリにかけた情熱 ほか)
  • 第3章 地域社会の教育システムの中で(飯高檀林-日蓮宗の最高学問所
  • 楫取魚彦-名著『古言梯』を著す
  • 東条一堂-多くの門人を育てた教育者
  • 新井文山-地域の教育に献身した学者
  • 佐倉藩の成徳書院
  • 蘭医学の順天堂-医学振興に尽くした佐藤泰然・舜海
  • 伊能穎則-国学・歌道を普及する ほか)
  • 第4章 子育てと家庭経営の知恵(水塚による水防の知恵
  • 宮負定雄と『民家要術』
  • 大高善兵衛と平山仁兵衛-児童福祉の先駆者 ほか)
  • 第5章 地域おこしに尽くした先駆者(醍醐新兵衛
  • 菱川師宣
  • 義民佐倉惣五郎
  • 白井鳥酔
  • 稲葉黙斎
  • 伊能忠敬
  • 織本花嬌と斎藤園女
  • 武田石翁
  • 田丸健良
  • 大原幽学
  • 堀田正睦
  • 鈴木雅之と『民政要論』
  • 赤松宗旦)
  • 資料編 千葉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人づくり風土記 : 全国の伝承・江戸時代
著作者等 佐々木 俊介
加藤 秀俊
吉田 豊
石川 松太郎
稲垣 史生
谷川 健一
書名ヨミ ヒトズクリ フドキ
書名別名 ふるさとの人と知恵・千葉
シリーズ名 聞き書きによる知恵シリーズ
巻冊次 12 (ふるさとの人と知恵・千葉)
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1990.11
ページ数 396p
大きさ 27cm
ISBN 4540900137
NCID BN0550020X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91007787
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想