ぼくはマッド・チャイナマン : ディック・リーが奏でるシンガポールの明日

篠崎弘 著

人口250万、建国25年のシンガポールに、33歳のポップシンガーが誕生した。「見た目は黄色いが中味は白い」、そんな自分の仮面をはぎ、インドネシア・インド、中国などの懐かしいメロディーを欧米のサウンドと融合させ、今、新世紀のアジアポップスが世界を駆ける。ディック・リーの生き方と作品を通し、多民族国家の国民統合への道をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • シンガポールを歩いてみれば
  • シンガポーリアン・ポップス誕生
  • アジアのまん中、シンガポール

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくはマッド・チャイナマン : ディック・リーが奏でるシンガポールの明日
著作者等 篠崎 弘
書名ヨミ ボク ワ マッド チャイナマン
シリーズ名 岩波ブックレット no.169
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.10
ページ数 62p
大きさ 21cm
ISBN 4000031090
NCID BN05499789
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91009709
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想