還元糖の定量法

福井作蔵 著

[目次]

  • 1 銅試薬による還元糖の定量
  • 2 鉄試薬(フェリサイアナイド)による還元糖の定量
  • 3 ニトロ試薬による還元糖の定量
  • 4 沃度試薬による還元糖の定量
  • 5 過沃素酸酸化を基本とする糖の定量
  • 6 硫酸処理を基本とする糖の定量
  • 7 塩酸処理を基本とする糖の定量
  • 8 酢酸処理を基本とする糖の定量
  • 9 アルカリ処理を基本とする糖の定量
  • 10 Ehrlich試薬によるアミノ糖の定量
  • 11 酵素または生物を利用する還元糖の定量
  • 12 クロマトグラフィーによる糖類の分離と定量
  • 13 複合糖質からの糖鎖切出し
  • 14 除蛋白

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 還元糖の定量法
著作者等 福井 作蔵
書名ヨミ カンゲントウ ノ テイリョウホウ
シリーズ名 生物化学実験法 1
出版元 学会出版センター
刊行年月 1990.10
版表示 第2版.
ページ数 266p
大きさ 21cm
ISBN 4762201022
NCID BA3612223X
BN01907817
BN0549804X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91008140
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想