旧聞日本橋

長谷川時雨 作

大江戸の名残り濃い明治初年の日本橋界隈の風俗・世態人情を繊細な筆致で活写した自伝的回想。劇作家・長谷川時雨が生れ育った日本橋の人と町を鮮やかに描いた本書は、一つの時代の光と影をきめこまかく伝える証言でもある。父・深造の手になる江戸市中の風俗画文を多数収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 町の構成
  • 大丸呉服店
  • 木魚の配偶
  • お墓のすげかえ
  • 西洋の唐茄子
  • 最初の外国保険詐欺
  • 明治座今昔
  • 大門通り界隈一束
  • 鬼眼鏡と鉄屑ぶとり〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旧聞日本橋
著作者等 長谷川 時雨
三上 於菟吉
書名ヨミ キュウブン ニホンバシ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1983.8
ページ数 425p
大きさ 15cm
ISBN 4003110315
NCID BN05494071
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
84001967
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想