民族音楽叢書  8

桜井哲男 ほか編

それぞれの文化における生活の中でのリズム的感覚や行動を明らかにする。音楽を根本から把える広い視点、民博の長年の共同研究の成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 感性と文化(日本のリズム
  • リズムと民族性-韓日の相違
  • 音と身ぶりのリズム
  • 動物の走りとリズム性-アラブ世界の言語構造と文化的背景
  • リズム感の性格は何によってきまる?)
  • 第2部 表現と構造(ペルシア音楽におけるアーヴァーズのリズム
  • トルコ民謡のリズム-ウズン・ハワ<長い歌>様式を中心として
  • 演歌のリズム)
  • 第3部 様式と技法(「ククーワ」と「カチャーチャ」-中央アフリカ、ルヴァレ族の音楽分類とリズム
  • インド古典音楽のリズム-打楽器ソロ演奏を通じて
  • インド音楽における即興性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民族音楽叢書
著作者等 中川 真
堀内 勝
塚田 健一
小島 美子
小柴 はるみ
小泉 文夫
小迫 直子
岡田 真紀
柘植 元一
桜井 哲男
藤井 知昭
野澤 典子
書名ヨミ ミンゾク オンガク ソウショ
書名別名 民族とリズム
巻冊次 8
出版元 東京書籍
刊行年月 1990.10
ページ数 338p
大きさ 21cm
ISBN 4487752582
NCID BN05489184
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91008361
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
民族とリズム 桜井 哲男
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想