文化としての日本的経営

秋光翔 著

「文化」としての「日本的社会構造」を明らかにし、経済大国「日本」の今後の方向を示唆する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 文化としての日本的経営
  • 2 日本的経営の文化的土壌
  • 3 気の支配するウズ社会
  • 4 「本気主義」の社会
  • 5 宗教的共同体に類似した日本企業-日本的経営の現象形態
  • 6 日本的経営と労働時間
  • 7 日本的経営と技術開発
  • 8 国際的経済構造調整と日本的経営
  • 9 教育を規制する日本的経営
  • 10 序列社会としての日本企業
  • 11 日本的経営と外国人労働者
  • 12 ウズ構造の日本社会
  • 13 どこへ行く日本的経営

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文化としての日本的経営
著作者等 秋光 翔
書名ヨミ ブンカ ト シテノ ニホンテキ ケイエイ
書名別名 Bunka to shiteno nihonteki keiei
出版元 中央経済社
刊行年月 1990.10
ページ数 272p
大きさ 20cm
ISBN 4502309826
NCID BN05484985
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91006574
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想