中国経済の社会態制

村松祐次 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 中國經濟「態制」の問題 / 1
  • 第一節 經濟的態制と政治的志向と / 1
  • 第二節 國民政府と中共との社會經濟的基盤 / 5
  • 第三節 ここで中國經濟の態制と云ふものは何か / 12
  • 第四節 經濟態制を窺ふべき諸側面と本書の構成 / 16
  • 第二章 中國經濟の外貌 / 22
  • 第一節 中國經濟の規模 / 24
  • 第二節 中國の生産構造 / 31
  • (1) 農業的な産業構成 / 31
  • (2) 消費財中心の生産構造 / 35
  • 第三節 中國農業の形態 / 45
  • (1) 土地の細片化と貧困 / 45
  • (2) 主食穀物中心の作物編成 / 53
  • 第四節 中國工業の形態 / 59
  • (1) 矮小な工場制工業・家内工業及び手工業の併存 / 59
  • (2) 中國工業化の形態、その三つの特徴 / 67
  • (3) 中國工業化に於ける偏奇の條件 / 76
  • 第五節 中國經濟の安定のない停滯 / 83
  • (1) 零細生産者からの激しい競爭 / 83
  • (2) 機械を驅逐する人力 / 93
  • (3) 高い地代と利子 / 102
  • (4) 中國民族資本の生態 / 111
  • 第六節 外國貿易と國際收支 / 123
  • (1) 小さな商品貿易量 / 123
  • (2) 商品貿易構成の變化 / 130
  • (3) 商品に就ての恒常的な入超と、地金銀流入の併存、國際收支の適合形態 / 138
  • 第三章 中國經濟の外部態制 / 157
  • 第一節 規制者としての「政府」 その經濟に對する關係 / 165
  • (1) 國・省・縣の重層的構成 / 165
  • (2) 中央政府の財政收支の形、中國の「政府」の機能 / 170
  • (3) 中國の政府の經濟に對する關係 通貨制度及び金融制度に就て / 182
  • (A) 中國の通貨制度の三つの時期 / 182
  • (B) 雜種幣制に於ける政府の消極的な態度 / 184
  • (C) 中國の貨幣制度の統一→インフレーション→雜幣制度への「回歸」 / 193
  • (D) 中國の金融機構、その構成的平板さ / 199
  • (4) 中國の政府機構の末端 縣と縣長 / 207
  • (5) 中國の「政府」の支配と規制 / 220
  • 第二節 中間的な諸團體 村・宗族・ギルドの統制 / 223
  • (1) 村・宗族・ギルドに於ける血縁主義的團結契機の缺如 / 223
  • (2) 中國の「村」に於ける支配の形態 / 236
  • (3) ギルドに於ける「規制」の形態 / 253
  • 第三節 中國の市場秩序、經濟行爲の中國的形態 / 271
  • (1) 自由競爭と人的保證 / 271
  • (2) 貨幣計算と自給自足的欲求 / 282
  • 第四章 中國經濟の内部態制 / 294
  • 第一節 中國農業經營の「組織」 / 297
  • (1) 土地の「所有」關係と「經營」關係の分離 零細農態制と土地「兼併」 / 297
  • (2) 中國の小作關係の契約的性質とその多樣な形態、小作人と地主との不安で流動的な形姿 / 312
  • (3) 中國の永小作、特に「旗地」慣行、永小作權の商品化と身分的制約の喪失 / 325
  • 第二節 中國商業の組織 合股と會社 / 339
  • 第三節 中國工業の組織 / 351
  • (1) 問屋と親方と徒弟 / 351
  • (2) 工場管理制度に一般的な中間請負人の介在と、經營規模の擴大に併行して上昇しない「能率」 / 362
  • 第五章 中國經濟態制の歸趨 / 374
  • 第一節 中國經濟態制の態制的特色 / 374
  • 第二節 中共經濟の現戰略段階的形態 赤色中國の自由主義經濟 / 385
  • 第三節 中國經濟の資本化と、そして社會化の條件 / 396

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 中国経済の社会態制
著作者等 村松 祐次
書名ヨミ チュウゴク ケイザイ ノ シャカイ タイセイ
シリーズ名 現代経済学叢書 ; 第24
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1949
ページ数 400p
大きさ 19cm
NCID BN0547895X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49004133
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想