明治憲法の出来るまで

大久保利謙 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 幕末の憲法論 / p1
  • 第一節 公議世論 / p3
  • 第二節 西洋憲法知識の移植 / p8
  • 第二章 明治政府の成立 / p12
  • 第一節 天皇親征 / p12
  • 第二節 諸侯会盟と五ケ条誓文の公布 / p16
  • 第三節 議事制度の発達 / p23
  • 第三章 立憲政治への道 / p37
  • 第一節 岩倉具視の国体憲法論 / p37
  • 第二節 廃藩置県と集権政府の成立 / p41
  • 第三節 左院の国憲編纂 / p47
  • 第四節 木戸孝允の提案 / p58
  • 第五節 板垣退助らの下野と民選議院設立の建白 / p65
  • 第四章 元老院の設立と国憲の起草 / p72
  • 第一節 大阪会議と元老院の新設 / p72
  • 第二節 国憲按起草の命下る / p81
  • 第三節 国憲按起草の過程 / p83
  • 第五章 国会開設運動の展開 / p87
  • 第一節 愛国公党・愛国社・立志社 / p87
  • 第二節 武力蜂起 / p91
  • 第三節 立志社建白と愛国社の再興 / p96
  • 第四節 国会開設運動の高潮 / p106
  • 第五節 国会開設運動の意義 / p115
  • 第六節 国会論と憲法論・私凝憲法 / p118
  • 第六章 明治憲法の形成 / p129
  • 第一節 参謀本部の独立と府県会の開設 / p129
  • 第二節 岩倉具視の保守工作 / p134
  • 第三節 諸参議の憲法意見 / p141
  • 第四節 明治十四年の政変 / p145
  • 第五節 大隈重信の爆弾建議 / p148
  • 第六節 伊藤博文の反撃 / p153
  • 第七節 明治憲法制定の発端 / p157
  • 第八節 岩倉具視の「大綱領」 / p161
  • 第九節 国会開設の大詔 / p167
  • 第十節 自由党と改進党 / p169
  • 第七章 明治憲法の成立 / p173
  • 第一節 伊藤博文の欧行と岩倉具視の死 / p173
  • 第二節 内閣制度の創始 / p179
  • 第三節 自由改進両党の軋轢と自由党の解党 / p184
  • 第四節 民権派の抵抗 / p190
  • 第五節 明治憲法ついに成る / p198
  • あとがき / p213
  • 図版 憲法発布式大祭之図 / 巻頭

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 明治憲法の出来るまで
著作者等 大久保 利謙
書名ヨミ メイジ ケンポウ ノ デキル マデ
書名別名 Meiji kenpo no dekiru made
シリーズ名 日本歴史新書
出版元 至文堂
刊行年月 1956
ページ数 215p 図版
大きさ 19cm
NCID BN05472647
BN05477356
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57000249
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想