道元禅師語録

鏡島元隆 著

道元禅師の思想と信仰は、『正法眼蔵』と双璧をなす『永平広録』にもっとも鮮明に、かつ凝縮した形で伝えられている。本書は、その『広録』10巻の中から抄出された『語録』を訳注したもので、興聖寺と永平寺における「上堂語」や「小参」「法語」をはじめ、中国禅とは異なる禅師の宗風の独自性を示す「普勧坐禅儀」や「坐禅箴」などが収録されている。比類ない道元禅の要諦を窺うに最適の訳注書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 元禅師が初めて本京宇治県興聖禅寺に住する語録
  • 2 開闢の次、越州吉祥山永平寺に住する語録
  • 3 小参
  • 4 法語
  • 5 普勧坐禅儀
  • 6 坐禅箴
  • 7 自賛
  • 8 偈頌

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道元禅師語録
著作者等 道元
鏡島 元隆
書名ヨミ ドウゲン ゼンジ ゴロク
書名別名 Dogen zenji goroku
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1990.10
ページ数 244p
大きさ 15cm
ISBN 406158944X
NCID BN05476579
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91006406
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想