東アジア古文書の史的研究

唐代史研究会 編

[目次]

  • 1 漢文木簡史料研究(銀省山漢墓出土「守法等13篇」について
  • 「候史広徳坐罪行罰」檄について)
  • 2 漢文史料研究(敦煌における土地税役割をめぐって
  • 「阿史那施墓誌」試釈
  • 大谷・吐魯番文書復原2題
  • 唐戸婚律立嫡違法条について
  • 大谷文書と吐魯番文書の関連について
  • 中国文書・古写本学と日本
  • 倉甎銘からみた唐太倉の構造
  • 広開土王碑文の「倭」関係記事
  • 唐代後期の解府君墓誌と殷府君墓誌
  • 京都大学所蔵の唐墓誌
  • 唐代敦煌均田制の田土給授文書について
  • 南朝における詔
  • 敦煌発見唐公式令残巻の製作年次について
  • 朝鮮に伝わった広開土王陵碑文
  • 吐魯番出土、唐代戸等文書覚書
  • 唐代の奴婢売買と市券)
  • 3 チベット語・ウイグル語史料研究(敦煌のチベット字人名資料
  • ウイグル文家産分割文書の一例
  • 吐蕃王朝外戚支配機構「尚論」制の成立と意義
  • 中国の隋唐五代史研究についての論評)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジア古文書の史的研究
著作者等 唐代史研究会
土肥 義和
書名ヨミ ヒガシアジア コモンジョ ノ シテキ ケンキュウ
シリーズ名 唐代史研究会報告 第7集
出版元 刀水書房
刊行年月 1990.9
ページ数 506p
大きさ 22cm
ISBN 4887081138
NCID BN05461265
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91006440
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想