北槎聞略 : 大黒屋光太夫ロシア漂流記

桂川甫周 著 ; 亀井高孝 校訂

天明2年12月、駿河沖で遭難した回米船の船頭・大黒屋光太夫と乗組の一行は7か月余漂流の後アムチトカ島にたどり着く。本書は桂川甫周が幕命によって光太夫から聴取した聞書で、約10年に及ぶ漂民体験やロシア帝国の風俗・制度・言語等を驚くべき克明さで記録した第一級の漂流記である。

「BOOKデータベース」より

天明2(1782)年12月、駿河沖で遭難した回米船の船頭・大黒屋光太夫と乗組の一行は7か月余漂流の後アムチトカ島にたどり着く。-本書は桂川甫周が幕命によって光太夫から聴取した聞書で、約10年に及ぶ漂民体験やロシア帝国の風俗・制度・言語等を驚くべき克明さで記録した第一級の漂流記である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 船号・同夥人名
  • 飄海送還始末
  • 海陸路程
  • 渉歴地名・風土・人物
  • 魯西亜世系
  • 官制〓@4CB2諸官俸銀
  • 屋室附仏壇・臥榻
  • 浴室・厠
  • 年中行事
  • 物産
  • 言語〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 船号・同夥人名
  • 飄海送還始末
  • 海陸路程
  • 渉歴地名・風土・人物
  • 夷俗
  • 魯西亜通商五拾二国名目
  • 魯西亜世系
  • 風土
  • 人物風俗
  • 姓名称呼〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北槎聞略 : 大黒屋光太夫ロシア漂流記
著作者等 亀井 高孝
大黒屋 光太夫
桂川 甫周
書名ヨミ ホクサ ブンリャク
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.11
ページ数 484p
大きさ 15cm
ISBN 4003345614
NCID BN05459729
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91057880
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想