アジアの土地制度と農村社会構造

滝川勉, 斎藤仁 編著

[目次]

  • 目次
  • はしがき・滝川勉 / 3
  • 第1章 東南アジア農業問題の内部構造・斎藤仁
  • 第1節 課題 / 9
  • 第2節 土地所有関係 / 16
  • I 土地所有の性格 / 16
  • II 土地問題の意義 / 22
  • III 土地改革とその限界 / 25
  • 第3節 共同体関係 / 30
  • I 血縁共同体 / 30
  • II 村落共同体-その対内側面 / 33
  • III 村落共同体-その対外側面 / 34
  • 第2章 現代アジアにおける土地改革の基本性格に関する一考察・滝川勉
  • はじめに / 43
  • 第1節 土地改革の概念 / 43
  • 第2節 農地改革の歴史的性格 / 47
  • 第3節 日本の農地改革と中国の土地改革 / 56
  • 第4節 東南アジアの農地改革 / 61
  • 第3章 イラン農業の構造と変化・岡崎正孝
  • 第1節 序説 / 63
  • I イラン農業の自然環境 / 63
  • II 土地所有制度 / 66
  • III イラン農業の型 / 68
  • 第2節 「カスピ海型」農業-ギーラン州ハサナバード村の事例 / 71
  • I 概況 / 71
  • II 土地所有 / 75
  • 1 地主 / 75
  • 2 地主・小作関係の特徴 / 78
  • 3 地主・小作関係の変化 / 81
  • III 稲作経営の特徴-階層構成 / 84
  • 1 生産手段 / 84
  • 2 労働力 / 85
  • 3 生産物の流通 / 88
  • 4 階層構成 / 89
  • 5 農業機械化と階層分化 / 91
  • 第3節 「ゴルガン型」農業-ゴルガン地方シーラング・ソフラ村の事例 / 93
  • I 概況 / 93
  • II 土地所有 / 98
  • III 階層構成 / 100
  • 1 生産手段 / 100
  • 2 労働力 / 103
  • 3 生産物の流通 / 105
  • 4 階層区分 / 107
  • 第4節 「高原型」農業-テヘラン州ターレババード村の事例 / 111
  • I 概況 / 111
  • II 土地所有 / 115
  • III ボネ耕区制 / 117
  • IV 職種別人口構成と村落の特徴 / 122
  • V 変化の要因-農地改革との関連において / 129
  • 第5節 結語 / 132
  • 第4章 インド農業労働者層の社会経済的性格・高橋彰
  • 第1節 まえがき-問題の所在と限定 / 135
  • 第2節 村落における賃労働者層の存在形態-バーグマルプル村の事例 / 138
  • 第3節 農業労働者層の堆積 / 142
  • 第4節 全インド農業労働調査 / 147
  • 第5節 Attached労働者とCasual労働者 / 151
  • 第6節 1950年代における農業労働者の状態の変化 / 155
  • 第7節 カースト制と農業労働者 / 160
  • 第8節 地域的性格と出稼ぎ / 162
  • 第9節 農業労働者層の形成過程をめぐって / 167
  • 第10節 むすび / 175
  • 第5章 中部タイ米作村落の変容過程-土地所有を中心として・友杉孝
  • 第1節 はじめに / 179
  • I 問題関心 / 179
  • II 村落社会研究史 / 181
  • III 方法について / 183
  • 第2節 歴史的背景 / 184
  • I 旧制度下の農民 / 184
  • II 旧制度の崩壊と国家再統一 / 187
  • III 地主制の形成 / 188
  • 第3節 戦後の村落社会の変容 / 192
  • I 商品経済の滲透 / 192
  • II 米穀販売 / 204
  • III 農家負債 / 209
  • IV 地主制の進展 / 220
  • 1 小作の増加 / 220
  • 2 地主小作関係 / 229
  • V 賃労働の増加 / 235
  • 第4節 むすび-村落社会と農民層分解 / 240
  • 第6章 フィリピン米作農村の社会経済構造-中部ルソンにおけるハシエンダ・バリオの事例調査・梅原弘光
  • はじめに / 243
  • 第1節 中部ルソンにおける農業と農村 / 246
  • I 中部ルソンの地域的特質 / 247
  • II 地主制のもとでの米作農業 / 252
  • III 米作農村社会とその類型に関する若干の考察 / 258
  • 第2節 ハシエンダ・バリオ-トリアラ村の事例 / 262
  • I トリアラ村の概況 / 263
  • 1 位置と自然 / 263
  • 2 村の歴史 / 264
  • 3 人口と職業構成 / 266
  • 4 集落と暮し / 269
  • II ハシエンダ経営と地主・小作関係 / 272
  • 1 ハシエンダの所有者 / 272
  • 2 土地利用と経営の組織 / 273
  • 3 地主・小作関係 / 276
  • III 農業生産構造 / 281
  • 1 農家の経営規模と収量水準 / 281
  • 2 生産手段 / 284
  • 3 作村体系と耕作方法 / 288
  • 4 労働力 / 290
  • IV 農家経済 / 294
  • 1 農業収入 / 294
  • 2 農家負債 / 302
  • V 農村社会構造 / 305
  • 1 村の自治組織とその機能 / 305
  • 2 村落の結びつき / 309
  • 3 村の階層構成 / 313
  • むすびにかえて / 317
  • 第7章 タイ中部米作農村・バンチャン村の社会経済構造-カモーンチャンレーカの報告を中心として・北原淳
  • まえがき / 319
  • 第1節 バンチャン村の概況 / 322
  • I バンチャン村の地理 / 322
  • II バンチャン村の歴史 / 324
  • 第2節 労働力の基礎 / 326
  • I 人口 / 326
  • II 家族構成 / 328
  • III 家族の就業構造 / 333
  • 第3節 農業の生産過程 / 340
  • I 労働力 / 340
  • II 土地所有 / 347
  • 1 土地所有 / 347
  • 2 小作料 / 353
  • III 技術 / 356
  • IV 米の収量 / 358
  • 第4節 流通と信用 / 360
  • I 米の販売 / 360
  • II 負債と信用 / 363
  • 第5節 社会経済構造 / 366
  • I 階層 / 367
  • II 共同体の性格 / 368
  • 1 家族的共同態 / 369
  • 2 村落共同体 / 371
  • むすびにかえて / 374
  • 第8章 マラヤの混合作地帯における農村社会経済の変化-M.G.SwiftによるNegri Sembilan州Jelebuの調査事例を中心にして・鵜飼仙子
  • はじめに / 377
  • 第1節 概況 / 380
  • I 地理的,政治的概況 / 380
  • II adatの用法について / 382
  • III 経済的変化 / 383
  • IV 土地所有の変化 / 384
  • V adatの土地所有 / 386
  • 第2節 経済活動 / 387
  • I 稲作 / 387
  • II ゴム作 / 399
  • III 果樹栽培 / 406
  • IV 階層分化についての検討 / 409
  • 第3節 社会的変化 / 413
  • むすび / 418

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 アジアの土地制度と農村社会構造
著作者等 アジア経済研究所
斎藤 仁
滝川 勉
書名ヨミ アジア ノ トチセイド ト ノウソン シャカイ コウゾウ
書名別名 Ajia no tochiseido to noson shakai kozo
シリーズ名 調査研究報告双書 ; 167
出版元 アジア経済研究所 : アジア経済出版会
刊行年月 1968
ページ数 418p
大きさ 22cm
NCID BN05448959
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
70010272
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想