ドイツ民主共和国

本多勝一 著

1990年10月3日、東西ドイツ統合とともに歴士のかなたに消えた東ドイツ。この国の人々は、鉄条網と壁の向こう側でどんな暮らしを宮み、何を考えていたのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 西から東へ
  • 国境の東側
  • 東ベルリンへ
  • 民宿
  • ヒーブー市
  • L=チーメ氏
  • 共同墓地にて
  • 最後の戦闘
  • 捕虜の虐殺
  • ソ連軍進駐
  • 強制収容所
  • ドイツ人追放
  • シベリア送り
  • 帰国兵士
  • 企業の没収
  • 国宮工場
  • 人材の流出
  • 私企業の場合
  • 強制移住
  • 農地改革
  • 鉄条網の建設
  • 国境の農民
  • 教育
  • 計画経済
  • 停滞する社会
  • 才能つぶし
  • 秘密警察の追放
  • 地方選挙
  • 人種差別
  • 吸収合併
  • 失業
  • 市場経済
  • 付章・「ドイツ民主共和国」と称した国(永井清彦)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ民主共和国
著作者等 本多 勝一
書名ヨミ ドイツ ミンシュ キョウワコク
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1990.10
ページ数 253p
大きさ 20cm
ISBN 4022562234
NCID BN0543393X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91003977
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想