分子発生学 : 細胞分化のしくみ

塩川光一郎 著

[目次]

  • 1 細胞分化とは
  • 2 細胞増殖と分化
  • 3 遺伝子としてのDNAとそうでないDNA
  • 4 DNAレベルの変化と遺伝子発現
  • 5 発生・分化に伴って遺伝子が変るか
  • 6 遺伝子発現の調節のレベル-分化の機構としての
  • 7 転写レベル調節に与ると考えられる核内外の要因
  • 8 発生・分化を支配する卵の母性成分
  • 9 まとめ-細胞分化の機構

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分子発生学 : 細胞分化のしくみ
著作者等 塩川 光一郎
書名ヨミ ブンシ ハッセイガク
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1990.9
ページ数 217p
大きさ 22cm
ISBN 4130601504
NCID BN05426945
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91001687
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想