現代の中国文学

小野忍 編

[目次]

  • 目次
  • はじめに / 1
  • 一 近代文学への過渡期-概観1 / 2
  • その起点 / 2
  • その歴史的背景 / 4
  • 黄遵憲の「新派詩」 / 8
  • 梁啓超の政治小説 / 9
  • 「譴責小説」 / 11
  • 翻訳文学 / 18
  • 二 近代文学以後-概観 / 23
  • 文学革命 / 23
  • 五・四運動 / 29
  • 文学研究会と創造社 / 32
  • 「五・四退潮期」の諸相 / 39
  • 一九二七年前後の上海文壇 / 47
  • 一九三〇年代前半期の文学 / 56
  • 抗戦以後 / 58
  • 三 辛亥革命前-曾樸の「孽海花」 / 60
  • 四 五・四運動から大革命まで / 69
  • 近代文学の礎石-魯迅の二作 / 69
  • 「狂人日記」
  • 「阿Q正伝」
  • 異国と祖国-郁達夫、聞一多、郭沫若の文学の一断面 / 82
  • 「沈淪」
  • 「洗濯の歌」
  • 「月蝕」
  • めざめる女性たち-丁玲、茅盾の文学の出発点 / 92
  • 「祝福」
  • 「夢珂」
  • 「莎菲女士の日記」
  • 「幻滅」
  • 「虹」
  • 五 大革命後から抗日戦争前まで / 104
  • ある魂の成長-葉紹鈞の「倪煥之」 / 104
  • 「家」からの解放-巴金の「家」 / 110
  • 民族資本家の夢と現実-茅盾の「子夜」 / 119
  • 近代劇の道標-曹禺の「雷雨」 / 125
  • 六 抗日戦争と革命戦争の時代 / 134
  • 祖国のなかの異国(その一)-老舎の「四世同堂」 / 134
  • 祖国のなかの異国(その二)-李広田の「引力」 / 141
  • 暗い谷間-国民党統治地区の状況 / 146
  • ゆがめられた人間性-茅盾の「腐蝕」 / 147
  • 陰謀と暴圧への抗議-郭沫若の「屈原」 / 151
  • 小市民の絶望-巴金の「寒夜」 / 155
  • 新しい社会・新しい人間-解放区の文学 / 160
  • 笑う農民たち-趙樹里の「小二黒の結婚」「李有才板話」 / 162
  • 新しい歌劇-魯迅芸術学院集団創作「白毛女」 / 170
  • みずからを改造する知識人作家-丁玲の二作 / 176
  • 七 中華人民共和国成立以後 / 186
  • 個人から集団へ-趙樹里の「三里湾」 / 186
  • 組織と人間-王蒙の「組織部に新しく来た青年」 / 197
  • 発掘された民族叙事詩-サニ族の「アシマ」 / 209
  • 激流を回想して-歴史小説の一群 / 220
  • 李六如の「六十年の変遷」
  • 蕭軍の「過去の時代」
  • 茅盾の「霜葉は二月の花より紅なり」
  • 李劼人の「死水微瀾」「暴風雨の前」など
  • 八 新しい理論と組織 / 235
  • 文学理論の傾向-「文芸講話」を中心に / 235
  • 作家協会 / 241
  • 九 最近の動き / 248
  • 社会主義リアリズムをめぐって / 248
  • 胡風批判 / 250
  • 「百家争鳴」の提唱 / 253
  • 丁玲批判 / 255
  • 反右派闘争 / 259
  • 作家略伝 / 263
  • あとがき / 285
  • 作者索引
  • 年表

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代の中国文学
著作者等 小野 忍
毎日新聞社
書名ヨミ ゲンダイ ノ チュウゴク ブンガク
書名別名 Gendai no chugoku bungaku
シリーズ名 毎日ライブラリー
出版元 毎日新聞社
刊行年月 1958
ページ数 286p
大きさ 19cm
NCID BN05422332
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58006557
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想