目的概念とシステム合理性

ニクラス・ルーマン 著 ; 馬場靖雄, 上村隆広 訳

システムと環境の区別によって<合理性>を定義しなおし、<目的>の機能を社会システム論のなかに明確に位置づける。初期ルーマンの代表作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 行為とシステム
  • 第1章 行為と、行為目的の特殊化
  • 第2章 古典的な組織学説におけるシステム概念と目的理論
  • 第3章 批判的潮流と新しい立場
  • 第4章 目的設定の機能
  • 第5章 目的プログラミング
  • 結語 経験的研究と規範的研究の分離について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 目的概念とシステム合理性
著作者等 Luhmann, Niklas
上村 隆広
馬場 靖雄
ルーマン ニクラス
書名ヨミ モクテキ ガイネン ト システム ゴウリセイ
書名別名 Zweckbegriff und Systemrationalität

社会システムにおける目的の機能について

Mokuteki gainen to shisutemu gorisei
出版元 勁草書房
刊行年月 1990.10
ページ数 340, 46p
大きさ 22cm
ISBN 4326600691
NCID BN05415621
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91005440
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想