初期分裂病

中安信夫 著

本書は、精神分裂病の独特な初期状態を、鋭い記述現象学の目をもって切り出し、それを「初期分裂病」という臨床単位として浮かび上がらせようとする。「初期分裂病」という概念の提唱は、分裂病の精神病理学にとって新しい局面を切り開く。と同時に、これまでの分裂病臨床とは大きく異なった次元を指し示している。本書における著者の試みは、厳密な症状記載に基づく記述現象学的立場の学問を築きあげることである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 自験例から
  • 特異的初期症状(初期分裂病の特異的4主徴
  • 症状の特異性と初期性の検討)
  • 臨床単位化の試み(分裂病の臨床概念
  • 臨床単位としての初期分裂病の提唱
  • 従来の臨床単位との関連性)
  • 診断と治療(面接技法
  • 診断
  • 治療)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 初期分裂病
著作者等 中安 信夫
書名ヨミ ショキ ブンレツビョウ
書名別名 Shoki bunretsubyo
出版元 星和書店
刊行年月 1990.9
ページ数 126p
大きさ 22cm
ISBN 4791102002
NCID BN05412485
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91030971
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想