五色と五行 : 古代中国点描

中嶋洋典 著

色彩にはそれぞれの意味がある。色の原点を求めて古代をさぐる。五行思想と五色は、中国の古代世界を形成する大きな要素である。本書は、著者30年の東洋美術編集の経験を通して、中国・日本の古代文化の諸相をたずねたユニークな案内書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 天壇の瓦-序章にかえて
  • 北陵の巾舞
  • 黄色い甍
  • 琉璃の瓦
  • 五色の壇
  • 五徳の転移
  • 水徳と黒
  • 朱縄の祭壇
  • 朱色の痕跡
  • 古代人の色
  • 四神と方位
  • 天の思想-屋根と天井
  • 天の思想-天壇ふたたび
  • 社と樹木思想
  • 五木の精
  • 鬼門と門神
  • 鬼と鎮墓獣
  • 彊良と土伯
  • 神楽の採り物-七支刀のことなど
  • 鹿の角考
  • 再説・鹿の角考
  • 再生した角
  • 再生願望
  • 魂の依代
  • 方明と依代
  • 五行思想の発生-結びにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 五色と五行 : 古代中国点描
著作者等 中嶋 洋典
書名ヨミ ゴシキ ト ゴギョウ
シリーズ名 ぼんブックス 14
出版元 世界聖典刊行協会
刊行年月 1986.10
ページ数 315p
大きさ 19cm
ISBN 4881101641
NCID BN0541072X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87007150
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想