沖縄の挑戦

大田昌秀 著

戦後沖縄の分離は、日本の敗戦の結果、不可抗力な事態として、どうしようもない"宿命"のように、これまで受けとられ、いつしか「分離」そのものが自明のこととされてきている…。本書は、こうした沖縄の戦後史に疑問を投げかけ、学問的に追究しつづけてきた著者が、日・米・琉、三者の対応関係を、綿密な資料収集のすえ体系的に解明しながら、沖縄民衆の不断の挑戦を跡づける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 憲法第九条の成立過程と天皇制存続の経緯
  • 第1章 沖縄の分離・基地化と日本本土の「戦後改革」
  • 第2章 沖縄基地化をめぐる米軍部の戦後初期の動き
  • 第3章 沖縄基地化の歴史的背景
  • 第4章 米国務省の対沖縄政策の変遷
  • 第5章 対沖縄軍政計画の作成過程
  • 第6章 対沖縄軍政の展開と実施-戦闘開始から終結へ
  • 第7章 駐留段階に移行した対沖縄軍政

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沖縄の挑戦
著作者等 大田 昌秀
書名ヨミ オキナワ ノ チョウセン
書名別名 Okinawa no chosen
出版元 恒文社
刊行年月 1990.9
ページ数 350p 図版24枚
大きさ 20cm
ISBN 4770407238
NCID BN05409403
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91051832
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想