イギリスの文学とキリスト教

倉長真 著

[目次]

  • 目次
  • I. イギリスの文学とキリスト教 / 1
  • 1. 教理劇の成立 / 1
  • 2. 道徳劇と七つの大罪 / 5
  • 3. 中世英文学の形式 / 9
  • 4. イギリス人と聖書 / 13
  • 5. イギリスのキリスト教詩人 / 15
  • II. 韻文化された「主の祈」 / 19
  • 1. イギリス中世紀と主の祈 / 19
  • 2. 初期の主の祈 / 22
  • 3. 主の祈の韻文化 / 27
  • 4. 主の祈の四つの型 / 31
  • 5. 主の祈の散文への復帰 / 37
  • III. イギリス文学と七大罪悪 / 43
  • 1. 11世紀以前の七大罪悪 / 43
  • 2. 『聖エドマンドの鏡』 / 45
  • 3. 『修女の戒律』 / 49
  • 4. 『諸悪の始末』 / 53
  • 5. ラングランドとチョーサー / 57
  • 6. 『人生反射鏡』 / 63
  • 7. スペンサーとマーロー / 69
  • 8. 16世紀の七大罪悪 / 74
  • 9. キリンタン教義と七大罪悪 / 77
  • IV. 中世の宗教詩『真珠』 / 80
  • 1. 中世の譬喩文学 / 80
  • 2. コットン写本 / 81
  • 3. 『真珠』の内容 / 82
  • 4. 韻律の技巧 / 86
  • 5. 『ばら物語』と聖書の影響 / 88
  • 6. 真珠の譬喩的用法 / 91
  • 7. 『真珠』の詩人 / 92
  • 8. 『真珠』詩人の生涯 / 96
  • 9. ボッカチオとの関係 / 104
  • 10. 『真珠』詩人の位置 / 106
  • V. 『ヨナ書』とイギリス文学 / 108
  • 1. 英語聖書の研究法 / 108
  • 2. 『ヨナ書』の文学的研究 / 108
  • 3. 譬喩文学としての『ヨナ書』 / 120
  • 4. 頭韻詩『忍耐』 / 122
  • 5. 『ヨナ書』の引用と言及 / 129
  • 6. 『ヨナ書』の語法 / 134
  • VI. アーサー王のアヴァロン / 139
  • 1. アヴァロンとグラストンベリ / 139
  • 2. アリマタヤのヨセフ / 141
  • 3. アーサー王とギネヴィア王妃 / 144
  • 4. グラストンベリの性格 / 148
  • VII. 神秘家ワーズワース / 152
  • 1. ヴォーンとワーズワース / 152
  • 2. ワーズワースの神秘的経験 / 154
  • 3. ワーズワースの神秘的感覚 / 158
  • 4. 自然詩人と啓示 / 161
  • VIII. ウエスレーとワーズワース / 163
  • 1. ロマンチシズムとメソヂズム / 163
  • 2. 両者の共通点 / 164
  • 3. 回心と献身 / 166
  • 4. 情緒の涵養と理論化 / 171
  • 5. 個性の尊重 / 174
  • 6. 自然への愛 / 178
  • 7. 精神運動と文学運動 / 179
  • IX. 英語聖書 / 181
  • 1. イギリス国民と聖書 / 181
  • 2. 英語聖書の成立 / 181
  • 3. 20世紀の英語聖書 / 184
  • 4. 6種のテキストの比較 / 185
  • 5. 文学としての英語聖書 / 187
  • 6. 『創世記』の文学性 / 190
  • 7. 欽定訳聖書の英語 / 192
  • 8. 英語聖書の四つの研究方法 / 198
  • 9. テキストの問題 / 200
  • 10. 英語聖書の語法 / 201
  • 11. 英語聖書の形態的研究 / 203
  • 12. 英語聖書の引用 / 208
  • 参考書目 / 211
  • あとがき / 217
  • 索引 / 219

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 イギリスの文学とキリスト教
著作者等 倉長 真
書名ヨミ イギリス ノ ブンガク ト キリストキョウ
書名別名 Igirisu no bungaku to kirisutokyo
出版元 研究社
刊行年月 1965
ページ数 229p
大きさ 19cm
NCID BN05404680
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65006643
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想