分類帝国憲法改正審議録  戦争放棄編

参議院事務局 編

[目次]

  • 総目次
  • 軍備全廃の決意 元内閣総理大臣 元衆議院議長 幣原喜重郞 / p1
  • 序文 内閣総理大臣 吉田茂 / p7
  • 序文 参議院議長 佐藤尙武 / p9
  • 序文 元貴族院議長 德川家正 / p12
  • 序文 法務総裁 大橋武夫 / p15
  • 序文 参議院事務総長 近藤英明 / p18
  • 序文 参議院法制局長 奧野健一 / p21
  • 編纂について 資料課長 市川正義 / p23
  • 総目次 / p35
  • 審議経過及び審議要録(目次) / p41
  • 衆議院本会議 / p1
  • 帝国憲法改正案に対する勅書朗読 / p1
  • 施政方針演説 / p245
  • 施政方針演説に関する質疑応答 / p3
  • 帝国憲法改正案第一読会 / p32
  • 衆議院帝国憲法改正案委員会 / p74
  • 衆議院本会議 / p207
  • 帝国憲法改正案第一読会の続 / p207
  • 帝国憲法改正案第二読会 / p218
  • 帝国憲法改正案第三読会 / p237
  • 帝国憲法改正案貴族院回付案 / p240
  • 貴族院本会議 / p245
  • 施政方針演説 / p245
  • 施政方針演説に関する質疑応答 / p247
  • 帝国憲法改正案第一読会 / p259
  • 貴族院帝国憲法改正案特別委員会 / p329
  • 貴族院帝国憲法改正案特別委員会小委員会 / p502
  • 貴族院本会議 / p523
  • 帝国憲法改正案第一読会の続 / p523
  • 帝国憲法改正案第二読会 / p547
  • 帝国憲法改正案第三読会 / p549
  • 戦争放棄の論理構造(目次) / p151
  • 一 憲法改正の経緯 / p3
  • 二 憲法改正案に対する議会の修正権 / p10
  • 三 前文の検討 / p104
  • 四 第二章第九条(戦争放棄)制定の趣旨 / p3
  • 五 「国権の発動たる戦争」の意義 / p79
  • 六 第二章第九条の根本義 / p35
  • 七 戦争放棄と交戦団体 / p119
  • 八 戦争放棄と自衛権 / p47
  • 九 戦争放棄と国内警察 / p30
  • 一〇 戦力・武力と警察力との限界 / p184
  • 一一 戦争放棄と安全保障 / p28
  • 一二 第二章第九条と国際連合憲章との関係 / p117
  • 一三 衆議院の修正(「日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し」および「前項の目的を達するため」の二句を挿入)の理由 / p10
  • 一四 衆議院修正の意義 / p222
  • 一五 戦争放棄批判 / p17
  • 一六 憲法と法律と条約との関係 / p88
  • 附録
  • 一 大日本帝国憲法改正案 (本文の項) / p553
  • 二 大日本帝国憲法改正案(英文・抄) / p555
  • 三 日本国憲法(英文・抄) / p558
  • 四 「憲法改正草案要綱」発表に際してのマックアーサー元帥の声明(昭二一・三・六) / p561
  • 五 対日理事会におけるマックアーサー元帥の演説(抄)(昭二一・四・五) / p562
  • 六 「新憲法草案審議について」のマックアーサー元帥の声明(昭二一・六・二二) / p564
  • 七 日本の新憲法-総司令部民生局報告書- / p566
  • 八 米上院におけるマックアーサー元帥の証言 / p580
  • 九 内閣総理大臣施政方針演説(衆議院)(貴族院におけるものは衆議院と同一趣旨) / p582
  • 一〇 内閣総理大臣帝国憲法改正案説明(衆議院本会議)(貴族院におけるものは衆議院と同一趣旨) / p584
  • 一一 金森国務大臣帝国憲法改正案説明(衆議院委員会) / p586
  • 一二 金森国務大臣帝国憲法改正案説明(貴族院委員会) / p596
  • 一三 衆議院帝国憲法改正案小委員会委員長報告(附帯決議文を含む) / p602
  • 一四 衆議院帝国憲法改正案委員長報吿 / p607
  • 一五 第九条修正の経緯と理由(法学博士 芦田均) / p621
  • 一六 貴族院帝国憲法改正案小委員会委員長報吿 / p624
  • 一七 貴族院帝国憲法改正案特別委員会委員長報吿 / p628
  • 一八 各国憲法における戦争放棄に関する条項 / p643
  • 一九 戦争放棄に関する条約 / p644
  • 二〇 国際連合憲章(抄) / p645
  • 二一 カイロ宣言 / p648
  • 二二 ヤルタ協定 / p649
  • 二三 ポツダム宣言 / p650
  • 二四 ポツダム宣言受諾ニ関スル八月一〇日附日本国政府申入 / p652
  • 二五 合衆国、聯合王国、「ソヴィエト」社会主義共和国聯邦及中華民国ノ各政府ノ名ニ於ケル八月一一日附合衆国政府ノ日本国政府ニ対スル回答 / p652
  • 二六 降伏文書 / p653
  • 補遺 一 日本国民に対するマックアーサー元帥の年頭の声明(昭二五・一・一) / p655
  • 補遺 二 憲法記念日に際して日本国民に対するマックアーサー元帥の声明(昭二五・五・三) / p659
  • 補遺 三 日本国民に対するマックアーサー元帥の年頭の声明(昭二六・一・一) / p663
  • 索引
  • 人名索引 / p1
  • 件名索引 / p7
  • 題簽 内閣総理大臣 吉田茂

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 分類帝国憲法改正審議録
著作者等 参議院
参議院事務局
書名ヨミ ブンルイ テイコク ケンポウ カイセイ シンギロク
巻冊次 戦争放棄編
出版元 新日本法規
刊行年月 1952
ページ数 904p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7882-8342-8
NCID BB25114248
BN05397541
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53009504
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想