ヨーロッパの危険地域 : 東欧革命の背景をさぐる

イヴァン・T.ベレンド 著 ; 河合秀和 訳

二つの世界大戦、ボルシェヴィズムとファシズムの対照的な政治革命、20世紀芸術におけるさまざまな前衛運動-これら全てはエルベ河以東の東ヨーロッパで起った。なぜか?ハンガリーの著名な経済史家がこの疑問に対して見事な解答を提示する。カフカやバルトーク、シエーンベルクの繊細で不協和な叫び、近代国家と資本主義の成熟の流れに拮抗する様々な危機の表現はやがて沸点に達するだろう。とりも直さず90年代へとつながる東欧革命の歴史的背景を骨太いタッチで描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 経済的、社会的、国民的発展の失敗
  • 第2章 イデオロギーと文化の革命
  • 第3章 社会的反抗のさまざまな形態-第一次世界大戦後
  • 第4章 危機とファッシズムの時代の芸術-抵抗の芸術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパの危険地域 : 東欧革命の背景をさぐる
著作者等 Berend, T. Iván
Berend, Tibor Iván
河合 秀和
ベレンド イヴァン・T・
書名ヨミ ヨーロッパ ノ キケン チイキ
書名別名 The crisis zone of Europe

Yoroppa no kiken chiiki
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.10
ページ数 127, 7p
大きさ 19cm
ISBN 4000023780
NCID BN05395466
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91007807
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想