歴史学の革新 : 「アナール」学派との対話

А.Я.グレーヴィチ 著 ; 栗生沢猛夫, 吉田俊則 訳

『中世文化のカテゴリー』『中世民衆文化の諸問題』などにより中世史の最先端に立ち、「声なき民衆」の世界に挑むソ連の歴史家が自らの軌跡を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 歴史学と歴史人類学
  • 第2章 マルク・ブロックと『歴史のための弁明』
  • 第3章 フランスにおける「新しい歴史学」-その成果と問題点(一中世史家の批判的覚え書)
  • 第4章 歴史的事実とはなにか
  • 第5章 歴史における一般法則と具体的法則性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史学の革新 : 「アナール」学派との対話
著作者等 Gurevich, Aron IAkovlevich
Gurevich, Aron I︠A︡kovlevich
吉田 俊則
栗生沢 猛夫
グレーヴィチ А.Я.
書名ヨミ レキシガク ノ カクシン
出版元 平凡社
刊行年月 1990.9
ページ数 235p
大きさ 22cm
ISBN 4582744184
NCID BN05394758
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91010539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想