農業の基本的価値

大内力 著

いつまでも輸出の利益にしがみつき、経済的利益の追求にのみ汲々としているエコノミック・アニマル的対応は自滅の道でしかない。なぜ、農業は保護すべきか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 理念と哲学を喪失した日本の農政
  • 第1章 「農業の基本的価値」とは何か
  • 第2章 ガット・ウルグアイ・ラウンドを検証する
  • 第3章 農産物自由貿易論の誤謬を正す
  • 第4章 反省の時期にきた日本の農業政策
  • 第5章 地球環境問題からみた農林業保護の重要性
  • エピローグ エコノミック・アニマルの国から環境先進国へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 農業の基本的価値
著作者等 大内 力
書名ヨミ ノウギョウ ノ キホンテキ カチ
出版元 家の光協会
刊行年月 1990.10
版表示 第5版
ページ数 207p
大きさ 20cm
ISBN 4259543881
NCID BN05393609
BN1223465X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91000664
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想