聖徳太子 : 地球志向的視点から

中村元 著

聖徳太子ゆかりの寺院や遺蹟をめぐりながら、仏像や建築などを凝視し、日本独自の姿の背後に見られる奈良仏教のコスモポリタン的な性格をさぐる。インドから南・東アジアをへて日本にいたる普遍的国家の理想実現をめざした精神をとらえ、聖徳太子の世界思想史的な意義を、比較思想の視点から描き、聖徳太子の寛容の精神の現代的意義を明らかにする。碩学が長年研究をつづけてきたテーマをはじめてまとめた新しい聖徳太子像。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 聖徳太子と奈良仏教
  • 2章 奈良仏教のコスモポリタン的性格
  • 3章 普遍的国家と17条憲法
  • 4章 三経義疏
  • 5章 太子を敬慕する人びと
  • 付 17条憲法・聖徳太子年譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖徳太子 : 地球志向的視点から
著作者等 中村 元
書名ヨミ ショウトク タイシ
出版元 東京書籍
刊行年月 1990.9
ページ数 251p
大きさ 20cm
ISBN 4487752973
NCID BN05393019
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91001399
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想