植民地朝鮮の残影を撮る

中野茂樹 著

写真を志す若者がたまたま韓国を訪れた。そこで見つけた古い日本家屋、黒い瓦、障子戸-ここは日本の植民地だったのだとはじめて歴史の痛みを実感。以来、昔の資料と地図を片手に、日本統治下にできた建物を撮影しつづけ、写真展を開くまでに-そのグラフィックレポート。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 初めての韓国旅行
  • 2 ヘヂョンと韓国語と植民地と
  • 3 釜山で発見した古い日本家屋
  • 4 韓国語を学ぶためソウルに住む
  • 5 朝鮮総督府図書館の蔵書
  • 6 韓国と日本で写真展を開く
  • 7 植民地ってなんだろう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 植民地朝鮮の残影を撮る
著作者等 中野 茂樹
書名ヨミ ショクミンチ チョウセン ノ ザンエイ オ トル
書名別名 Shokuminchi chosen no zan'ei o toru
シリーズ名 岩波ブックレット no.165
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.9
ページ数 63p
大きさ 21cm
ISBN 4000031058
NCID BN05387843
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91005318
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想