教科書と裁判

森川金寿 著

家永教科書裁判が始まってから四半世紀。「国民の教育権」を認めた杉本判決や、アジアの人たちからの検定への厳しい批判があるにもかかわらず、判決は行政寄りの姿勢を強めてきている。この訴訟の弁護団長である著者が、自らの体験に重ねて教科書裁判の軌跡を語りながら、その現代的意義を問い直し、裁判官の良心のあり方について考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 教科書裁判とは何か
  • 2 教科書裁判の25年
  • 3 巨大組織の中の裁判官
  • 4 学習指導要領の大改訂
  • 5 アジアの人たちからの批判
  • 6 忘れられない暗黒時代
  • 7 80年代検定と「加藤判決」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教科書と裁判
著作者等 森川 金寿
書名ヨミ キョウカショ ト サイバン
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.10
ページ数 209p
大きさ 18cm
ISBN 4004301432
NCID BN05377486
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91008100
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想