密教とマンダラ

頼富本宏 著

SFや劇画をとおして、宇宙的・神秘的イメージばかりが先行し、その学術的意味や歴史的背景、文化的・芸術的価値となるとほとんど知られることのない秘密仏教…。本書では、この一見近寄りがたい密教とその象徴的表現であるマンダラの華麗な万華鏡的世界を、基本的な定義から掘り起こし、将来的な方向性までをも示唆する。密教学者としての長年にわたるインド・チベット・中国での密教美術の調査・研究、ならびに真言宗僧侶として出会ってきた日常生活の中のさまざまな体験をもとに、"難解な仏教"を著者がわすりやすく解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 秘められた万華鏡的世界
  • 2 密教の流伝(流伝の道
  • 花開く日本密教
  • 失われた密教)
  • 3 広がる密教の宇宙(縦・横クロスの密教の教え
  • 即身成仏へのカリキュラム
  • 日本文化の地下水
  • 密教のほとけたち
  • 絢爛たる造形)
  • 4 マンダラとは何か(マンダラとは
  • 色と形のシンボリズム)
  • 5 華麗なるマンダラのほとけたち(両界マンダラの知恵
  • マンダラのほとけたち
  • マンダラ・多様なる展開
  • アジアのマンダラ世界)
  • 6 現代と密教的宇宙

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 密教とマンダラ
著作者等 日本放送協会
頼富 本宏
書名ヨミ ミッキョウ ト マンダラ
書名別名 その万華鏡的世界

Mikkyo to mandara
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1990.9
ページ数 261p 図版12枚
大きさ 22cm
ISBN 4140087293
NCID BN05376257
BN12006360
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91000222
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想