証拠法  本編

田中和夫 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 序說 / p1
  • 一 新憲法下における證據法の改革 / p1
  • 二 英米證據法の特徴 / p10
  • 三 わが證據法と英米證據法との差異 / p18
  • 第二章 證據法一般 / p27
  • 四 證明の種類 / p27
  • 五 證據の種類 / p35
  • 六 證明の必要 / p39
  • 七 自由心證主義 / p47
  • 第三章 情況證據及び事實上の推定 / p63
  • 八 情況證據 / p63
  • 九 事實上の推定 / p78
  • 第四章 傳聞證據 / p92
  • 一〇 傳聞證據總說 / p92
  • 一一 從來の民事及び刑事の判例 / p104
  • 一二 新刑事訴訟法の規定の槪要 / p115
  • 一三 刑訴第三二一條第一項の合憲性(憲法第三七條第二項前段) / p132
  • 一四 被吿人以外の者の一般的な供述書及び供述錄取書(刑訴第三二一條第一項) / p150
  • 一五 被吿人以外の者の特殊な供述書及び供述錄取書(刑訴第三二一條第二項ないし第四項) / p173
  • 一六 被吿人の供述錄取書(刑訴第三二二條) / p176
  • 一七 特に信用できる書面(刑訴第三二三條) / p176
  • 一八 傳聞證言(刑訴第三二四條) / p181
  • 一九 任意性の調査(刑訴第三二五條) / p183
  • 二〇 當事者の同意(刑訴第三二六條) / p190
  • 二一 騨劾證據(刑訴第三二八條) / p204
  • 第五章 被吿人の自白 / p210
  • 二二 自白の意義と任意性 / p210
  • 二三 自白の證據力及び補强證據 / p222
  • 二四 公判廷外の自白に對する證據調の時期 / p249
  • 第六章 證人尋問 / p255
  • 二五 證人 / p255
  • 二六 證人尋問の手續 / p276
  • 二七 證人尋問の方式一般 / p279
  • 二八 意見及び推測事項の供述 / p289
  • 二九 誘導尋問 / p295
  • 三〇 尋問に關するその他の法則 / p305
  • 三一 交互尋問の順序 / p313
  • 三二 證人の騨劾 / p325
  • 三三 簡易裁判所の民事事件における特則 / p331
  • 第七章 公判廷における被吿人の供述 / p332
  • 三四 公判廷における被吿人供述 / p332
  • 第八章 書證 / p343
  • 三五 書證の意義及び文書の種類 / p343
  • 三六 證據書類と證據物たる書面(刑事訴訟) / p344
  • 事項索引
  • 法條索引
  • 判例索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 証拠法
著作者等 田中 和夫
書名ヨミ ショウコホウ
書名別名 Shokoho
巻冊次 本編
出版元 有斐閣
刊行年月 1952
版表示 増補3版
ページ数 2冊 (附共)
大きさ 22cm
NCID BN05342765
BN12712401
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
55010342
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想