家族という経験

神山睦美 著

突然の母親の離郷や病気という体験が強いた家族への重い波紋。家族と共同体にむけた原理的考察を決して手離すことなく、超エロス化した現在の家族や団塊の世代が抱える切実な経験を剔出した、手紙形式の書き下し長篇論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1信 母という病(諦めることの実存
  • 人はどのように他を了解するか
  • 痛みのむこう)
  • 第2信 家と家族(懐郷
  • 共同体の土壌
  • 追放された性)
  • 第3信 巨きな通路(祖霊たちとの交歓
  • まれびとの帰趨
  • 棄てられた子
  • 子を失くした母の悲しみ)
  • 第4信 死と更生(この世に存在しない家族
  • 哀しみの予感
  • 或る更生)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族という経験
著作者等 神山 睦美
書名ヨミ カゾク ト ユウ ケイケン
出版元 思潮社
刊行年月 1990.9
ページ数 245p
大きさ 20cm
ISBN 4783715335
NCID BN05341128
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91005445
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想