天皇制を問う : 歴史的検証と現代

日本史研究会, 京都民科歴史部会 編

昭和から平成への代替わり、大嘗祭、即位式をどうみるか。天皇制の各時代の特徴と現代の意味を考える。市民に向けた歴史講座。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古代国家における天皇の権力-天皇は不執政か親政か
  • 即位儀と大嘗祭
  • 中世国家と王家-天皇不執政論を考える
  • 近世の民衆と天皇・公家
  • 近代の天皇祭祇
  • 近代天皇制と差別
  • 昭和天皇の戦争責任と日本人の国家意識
  • 象徴天皇制の成立

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天皇制を問う : 歴史的検証と現代
著作者等 京都民科歴史部会
岡田 精司
岩井 忠熊
広田 昌希
日本史研究会
日本史研究会 (京都市)
松尾 尊兌
江口 圭一
河音 能平
深谷 克己
直木 孝次郎
日本史研究会・京都民科歴史部会
書名ヨミ テンノウセイ オ トウ
書名別名 Tennosei o to
出版元 人文書院
刊行年月 1990.9
ページ数 233p
大きさ 19cm
ISBN 4409520121
NCID BN05335136
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91049145
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想