群像日本の作家  12

大岡信 [ほか]編

半世紀前、無名のままに没した賢治-。その詩と童話の世界は、いよいよ輝きを増す。詩人・童話作家・科学者・教育者としての賢治の多面的な生の姿を、現代の視点から選びぬいた名評論と賢治作品で、その全貌に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 宮沢賢治アルバム
  • 書下ろしエッセイ 若い賢治
  • 作家論(創造と宿命
  • 修羅
  • 宮沢賢治と諷刺精神
  • 宮沢賢治 ほか)
  • 人間・宮沢賢治(兄のトランク
  • 賢治と女性
  • 花巻温泉
  • 賢治が話した「鬼神」のこと
  • 筆耕のころの賢治)
  • 生原稿で作品を読む 「雨ニモマケズ」
  • 作品論(賢者の文学
  • 「雨ニモマケズ」について
  • 「疾中」詩篇と「文語詩稿」と
  • 金色の眼の周辺
  • 化鳥の変貌
  • 『風の又三郎』はどのようにできたか
  • 宮沢賢治の童謡
  • 宮沢賢治短歌考)
  • 宗教について(宮沢賢治序説-賢治と国柱会
  • 上京時代と法華文学の創作
  • 修羅を生きる)
  • 文学紀行 賢治イーハトーブ紀行-風にいざなわれてのたどり
  • 賢治の発掘者たち(十三年度の詩集
  • 宮沢賢治
  • 宮沢賢治全集
  • 宮沢賢治の詩
  • 賢治からもらった手紙)
  • 新しい照明(賢治童話の官能
  • ブドリとネネム
  • 私の銀河鉄道
  • 日本語使いの達人としての賢治)
  • 文学散歩地図 盛岡・花巻
  • 研究の眼(オツベルと象
  • 大トランクと「雨ニモマケズ手帳」の運命
  • 「疾中」から文語詩へ
  • 宮沢賢治と西域幻想
  • 「青森挽歌」とヘッケル博士)
  • 科学者から見た賢治(賢治とオーロラ
  • 賢治宝石箱
  • 地質巡検日誌「台川」
  • 賢治の読んだ天文書)
  • 教師宮沢賢治のしごと-非行問題・学力試験
  • 宮沢賢治の作品
  • 賢治・その受容と研究の歴史
  • 宮沢賢治年譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 群像日本の作家
著作者等 三木 卓
大岡 信
書名ヨミ グンゾウ ニホン ノ サッカ
書名別名 宮沢賢治

Gunzo nihon no sakka
巻冊次 12
出版元 小学館
刊行年月 1990.10
ページ数 399p
大きさ 20cm
ISBN 4095670126
NCID BN05333877
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91022544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
宮沢賢治 三木 卓
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想