金融論

牧野輝智 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 總論 / 1
  • 第一章 事業と資金 / 3
  • 第二章 金融の意義 / 6
  • 第三章 金融と投資と信用 / 11
  • 第四章 金融の種々相 / 14
  • 第二編 金融機關 / 17
  • 第一章 槪說 / 19
  • 第二章 中央銀行 / 31
  • 第三章 其の他の特殊銀行 / 37
  • 第一節 農業銀行及び不動產銀行 / 37
  • 第二節 貿易銀行 / 44
  • 第三節 工業銀行 / 45
  • 第四節 植民地發券銀行 / 47
  • 第四章 普通銀行 / 50
  • 第五章 貯蓄銀行 / 58
  • 第六章 信託會社 / 60
  • 第一節 信託の起源 / 60
  • 第二節 信託の業務 / 62
  • 第三節 信託會社の現狀 / 66
  • 第七章 信用組合 / 71
  • 第一節 信用組合 / 71
  • 第二節 信用組合聯合會 / 78
  • 第三節 產業組合中央金庫 / 80
  • 第八章 大藏省預金部 / 84
  • 第九章 保險會社 / 88
  • 第十章 株式取引所 / 97
  • 第三編 金融の種類 / 99
  • 第一章 商業金融 / 101
  • 第一節 其の意義及び範圍 / 101
  • 第二節 貿易金融 / 104
  • 第二章 工業金融 / 106
  • 第一節 商業金融と工業金融 / 106
  • 第二節 狹義の工業金融 / 107
  • 第三節 船舶金融 / 111
  • 第三章 農業金融 / 115
  • 第四章 不動產金融 / 118
  • 第一節 不動產金融の意義 / 118
  • 第二節 不動產金融の特色 / 120
  • 第三節 不動產金融の資金 / 122
  • 第四節 獨逸の不動產金融施設 / 124
  • 第五節 佛蘭西の不動產金融制度 / 129
  • 第五章 國際金融 / 132
  • 第一節 國際金融の意義 / 132
  • 第二節 國際間の資金移動 / 134
  • 第六章 庶民金融及び中小產業者金融 / 139
  • 第四編 金融市場 / 145
  • 第一章 金融市場の意義 / 147
  • 第二章 金融市場の構成及び種別 / 149
  • 第一節 金融市場の構成 / 149
  • 第二節 金融市場の種別 / 150
  • 第三章 中央銀行と普通銀行との關係 / 152
  • 第四章 コール市場 / 155
  • 第五章 紐育の金融市場 / 157
  • 第一節 槪說 / 157
  • 第二節 株式取引所金融市場 / 160
  • 第三節 引受手形市場 / 164
  • 第六章 倫敦の金融市場 / 171
  • 第五編 資金 / 177
  • 第一章 槪說 / 179
  • 第一節 資金の意義 / 179
  • 第二節 資金の集中 / 181
  • 第二章 資金の運用 / 184
  • 第一節 銀行の支拂準備金 / 184
  • 第二節 資金の貸出 / 187
  • 第三節 有價證券放資 / 190
  • 第三章 金融現象の變動 / 192
  • 第一節 金融變動の一般的原因 / 193
  • 第二節 金融變動の季節的原因 / 196
  • 第四章 資金の調節 / 201
  • 第五章 中央銀行の發券機能 / 209
  • 第六編 金利 / 221
  • 第一章 金利の意義 / 223
  • 第二章 金利の決定 / 226
  • 第三章 利子存在の合理的根據 / 229
  • 第四章 金利の種類 / 231
  • 第一節 銀行の預金利率 / 231
  • 第二節 銀行の貸出利率 / 234
  • 第五章 預金利率の協定 / 241
  • 第六章 金利の變動と正貨の出入 / 243
  • 第七編 金融政策 / 247
  • 第一章 槪說 / 249
  • 第二章 銀行合同問題 / 250
  • 第一節 大銀行主義と分立主義 / 250
  • 第二節 銀行合同の世界的大勢 / 254
  • 第三節 特殊銀行の合同及び整理問題 / 258
  • 第三章 發券制度の問題 / 262
  • 第四章 金利政策 / 268
  • 第五章 事業資金の問題 / 277
  • 第六章 中小業者金融難の問題 / 279
  • 第八編 英國の金融機構 / 283
  • 第一章 英國の金融組織 / 285
  • 第二章 英蘭銀行 / 287
  • 第一節 英蘭銀行の發行部と銀行部 / 287
  • 第二節 發行部の主要勘定 / 290
  • 第三節 銀行部の主要勘定 / 293
  • 第三章 普通銀行 / 297
  • 第一節 大銀行主義(ビッグ・ファイブ) / 297
  • 第二節 株式銀行の主要業務 / 303
  • 第四章 植民地銀行及び外國銀行 / 310
  • 第五章 手形引受商會(マーチャント・バンカース) / 314
  • 第六章 手形仲買人及び割引會社 / 320
  • 第九編 米國の金融機構 / 325
  • 第一章 槪說 / 327
  • 第二章 聯邦準備制度 / 331
  • 第三章 聯邦準備銀行の業務 / 335
  • 第一節 資產勘定と負債勘定 / 335
  • 第二節 銀行券の發行 / 337
  • 第三節 支拂準備金其の他預金の受託 / 341
  • 第四節 手形再割引及び貸付 / 342
  • 第五節 一般市場取引 / 344
  • 第六節 國庫金の受託其の他の業務 / 347
  • 第四章 國立銀行及び州立銀行 / 350
  • 第一節 國立銀行 / 350
  • 第二節 州立銀行 / 356
  • 第五章 信託會社 / 359
  • 第六章 聯邦農地貸付制度 / 364
  • 第七章 個人銀行 / 371

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 金融論
著作者等 牧野 輝智
書名ヨミ キンユウロン
書名別名 Kin'yuron
シリーズ名 現代経済学全集 ; 第14巻
出版元 日本評論社
刊行年月 1930
ページ数 372p
大きさ 22cm
NCID BN05328968
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62001485
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想