豊臣政権の対外認識と朝鮮侵略

北島万次 著

[目次]

  • 第1章 豊臣政権の朝鮮侵略に関する学説史的検討
  • 第2章 豊臣政権の対外認識と東アジア世界
  • 第3章 豊臣政権の外交折衡と五山僧
  • 第4章 朝鮮侵略と大名領国の論理-島津氏の場合
  • 第5章 義兵闘争の展開と侵略の挫折-加藤清正・鍋島直茂の咸鏡道経略について
  • 終章 太閤権力の専制化

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序文 / p1
  • 第一章 豊臣政権の朝鮮侵略に関する学説史的検討 / p15
  • 第一節 江戸時代の朝鮮認識と「朝鮮征伐」史観 / p15
  • 1 江戸時代前期=十七世紀 / p15
  • 2 江戸時代中期=十八世紀 / p17
  • 3 江戸時代後期=十九世紀 / p20
  • 4 川口長孺の「征韓偉略」 / p22
  • 第二節 近代歴史学における「朝鮮征伐」史観と「文禄慶長の役」研究 / p24
  • 1「朝鮮征伐」史観と国威の高揚 / p24
  • 2 官学アカデミズムと「朝鮮征伐」史観 / p25
  • 3 池内宏「文禄慶長の役」研究の方法と視点 / p35
  • 4 徳富猪一郎『近世日本国民史 朝鮮役』 / p48
  • 5 田保橋潔「壬辰役雑考」 中村栄孝「文禄慶長の役」 / p49
  • 6 参謀本部『日本戦史 朝鮮役』とその「文書編」 / p49
  • 7 渡辺世祐・有馬成甫・新城常三の造船・水運・水軍研究 / p50
  • 第三節 戦後歴史学の問題意識 / p56
  • 1 鈴木良一の「侵略と抵抗の歴史」 / p56
  • 2 旗田巍の「朝鮮人の歴史研究」 / p57
  • 3 中村栄孝の「対外関係史研究」 / p57
  • 4 石原道博の「日・中・朝三国の歴史意識論」 / p59
  • 5 内藤雋輔の「朝鮮被知人研究」 / p60
  • 第四節 現代歴史学の論点とその展開 / p62
  • 1 教科書裁判の論点 / p62
  • 2 豊臣政権論と朝鮮侵略 / p65
  • 3 十六~十七世紀の東アジア国際関係と朝鮮侵略 / p72
  • 4 朝鮮史研究と壬辰倭乱 / p75
  • 5 中国史研究と万暦朝鮮の役 / p79
  • むすびー研究課題の展望- / p83
  • 第二章 豊臣政権の対外認識と東アジア世界 / p89
  • はじめに / p89
  • 第一節 天下統一と征明 / p91
  • 1 北条氏への宣戦布告状 / p91
  • 2 朝鮮在陣諸将への檄文 / p93
  • 3 全国統一の論理と海外制覇 / p95
  • 第二節 外交文書にみる対外認識 / p98
  • 1 対周辺諸国型認識 / p98
  • 2 対南蛮型認識 / p105
  • 3 対明認識 / p112
  • 第三節「日輪の子」と「日本は神国」 / p122
  • 1「日輪の子」と感生帝説 / p122
  • 2 豊臣政権期の神国意識 / p126
  • むすび / p131
  • 第三章 豊臣政権の外交折衝と五山僧 / p135
  • はじめに / p135
  • 第一節 朝鮮侵略と禅林僧 / p136
  • 1 豊臣政権と西笑承兌 / p136
  • 2 五山禅僧の征明供奉 / p142
  • 3 禅僧の朝鮮従軍 / p147
  • 第二節 日明講和の和議折衝 / p162
  • 1 和議条項の要点 / p162
  • 2 対馬グループの朝鮮・明との折衝 / p166
  • 3 朝鮮への非難ー景轍玄蘇の和議折衝ー / p170
  • 4 公主降嫁と朝鮮中分ー玄圃霊三の和議折衝ー / p173
  • 5「大明日本和平条件」第二条と勘合 / p180
  • むすび / p195
  • 第四章 朝鮮侵略と大名領国の論理ー島津氏の場合ー / p203
  • はじめに / p203
  • 第一節 豊臣軍役体系への包摂 / p205
  • 1 上方参勤と在京賄料 / p205
  • 2 名護屋築城手伝普請 / p212
  • 第二節 第一次朝鮮侵略と島津領国 / p219
  • 1 梅北一揆の背景と唐入り軍役 / p219
  • 2 細川幽斎の仕置 / p222
  • 第三節 太閤検地と侵略態勢への編成 / p228
  • 1 検地の直接的契機 / p228
  • 2 太閤検地とその論理 / p229
  • 3「豊臣代官」伊集院忠棟 / p233
  • 4 太閤検地への反発 / p236
  • 5 給知加増要求と御家の論理 / p242
  • 第四節 侵略の再開と給知加増要求 / p251
  • 1 和議破綻と「余儀無き軍役」 / p251
  • 2 給知加増要求再燃と大名権力 / p256
  • 3 井邑軍議と島津勢の全羅道南下 / p260
  • 4 泗川在番 / p265
  • むすび / p272
  • 第五章 義兵闘争の展開と侵略の挫折-加藤清正・鍋島直茂の咸鏡道経略ついてー / p281
  • はじめに / p281
  • 第一節 咸鏡道の在番支配と年貢収奪 / p285
  • 1 番城の配置 / p285
  • 2 咸鏡南道の支配-「朝鮮国租税牒」の作成- / p288
  • 3 咸鏡北道の支配ー指出徴収と百姓山上- / p299
  • 4 咸鏡道の地域的特質 / p302
  • 第二節 咸鏡道義兵の決起 / p312
  • 1 義兵将鄭文学の鏡城奪取と吉州城攻撃 / p312
  • 2 義兵将柳応秀の決起と鍋島番城襲撃 / p315
  • 第三節 咸鏡道経略の破綻とその影響 / p318
  • 1 在番支配の破綻 / p318
  • 2 日本諸大名間の確執 / p322
  • むすび / p324
  • 補論 第一次朝鮮侵略の挫折と兵力の再編 / p329
  • 1 平壌の敗戦 / p329
  • 2 陣替・兵糧・船舶の指示、兵力の再編 / p333
  • 3 侵略当初の軍事指揮とその不統一 / p335
  • 4 秀吉「渡海」の意味するもの / p337
  • 5 大友氏の改易と軍役体制の強化 / p339
  • 終章 太閤権力の専制化 / p345
  • はじめに / p345
  • 第一節 公家勢力との軋轢 / p346
  • 第二節 「太閤と関白」についての論点 / p351
  • 1 武家奉公人・陣夫・水主の動員 / p351
  • 2 駅制・通信関係 / p359
  • 3 対朝廷関係 / p360
  • 4 軍需物資調達関係 / p361
  • 5 軍事と対外関係 / p362
  • 第三節 国家主権の掌握 / p365
  • むすび / p368
  • 付表日本・明・朝鮮暦対照表(一五九二-一五九八年) / p371
  • 豊臣政権の朝鮮侵略関係年表 / p373
  • あとがき / p405
  • 索引 / p438
  • 表目次
  • 図目次

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 豊臣政権の対外認識と朝鮮侵略
著作者等 北島 万次
書名ヨミ トヨトミ セイケン ノ タイガイ ニンシキ ト チョウセン シンリャク
書名別名 Toyotomi seiken no taigai ninshiki to chosen shinryaku
出版元 校倉書房
刊行年月 1990.9
ページ数 438p
大きさ 22cm
ISBN 4751720317
4751720309
NCID BN0532871X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90056962
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想