貨幣論

橋爪明男 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 貨幣經濟 / 1
  • 序言 / 1
  • 第一節 貨幣の必然性 / 1
  • 第二節 價格計算 / 8
  • 第三節 經濟活動の目標としての最大多額の貨幣額 / 10
  • 第二章 貨幣本質論--貨幣學說の諸傾向-- / 14
  • 序言 / 14
  • 第一節 貨幣商品說 / 15
  • 第二節 貨幣票券說 / 26
  • 第三節 抽象的なる貨幣本質論 / 54
  • 第四節 貨幣本質論の推移 / 65
  • 第三章 貨幣職能論 / 72
  • 序言 / 72
  • 第一節 價値の貯藏者たる職能 / 72
  • 第二節 價値の輸送手段たる職能 / 73
  • 第三節 價値の一方的移轉手段たる職能 / 74
  • 第四節 貸借の目的物たる職能 / 76
  • 第五節 支拂手段たる職能 / 77
  • 第六節 價値の尺度たる職能 / 79
  • 第七節 價値(或は價格)の表示手段たる職能 / 82
  • 第八節 一般的交換要具たる職能 / 83
  • 第四章 貨幣形態論 / 85
  • 第一節 現今の貨幣の種類 / 85
  • 第二節 金屬貨幣 / 89
  • 第三節 紙幣 / 103
  • 第四節 預金貨幣 / 188
  • 第五節 貨幣形態の進化--物品貨幣から預金貨幣へ-- / 212
  • 第六節 グレシャムの法則 / 218
  • 第五章 貨幣價値論 / 228
  • 第一節 貨幣價値の意味 / 228
  • 第二節 貨幣價値論の發展と貨幣價値現象 / 231
  • 第三節 素材價値論 / 234
  • 第四節 貨幣數量說 / 244
  • 第五節 貨幣數量說の發展略史 / 264
  • 第六節 貨幣價値變動の及ぼす影響 / 295
  • 第七節 貨幣價値の測定問題 / 304
  • 第六章 貨幣の對外價値論 / 313
  • 第一節 貨幣の對外價値の意味 / 313
  • 第二節 國際貸借說 / 314
  • 第三節 國際貸借說の批評 / 318
  • 第四節 購買力平價說 / 319
  • 第五節 購買力平價說の批評 / 331
  • 第六節 國際貸借說と購買力平價說の調和 / 336
  • 第七章 貨幣制度論 / 342
  • 第一節 貨幣制度の意義とその種類 / 342
  • 第二節 金本位制度の勝利 / 345
  • 第三節 金本位制度論 / 357
  • 第八章 貨幣政策論 / 397
  • 第一節 貨幣に關する技術的政策 / 397
  • 第二節 貨幣政策の二つの目標 / 398
  • 第三節 貨幣政策の目標としての貨幣價値 / 399
  • 第四節 貨幣政策の目標としての用途 / 406
  • 第五節 貨幣政策の擔當者 / 408

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 貨幣論
著作者等 橋爪 明男
書名ヨミ カヘイロン
シリーズ名 現代経済学全集 ; 第10巻
出版元 日本評論社
刊行年月 1930
ページ数 412p
大きさ 22cm
NCID BN05328108
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62001484
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想