独逸大学の精神 : アカデミーに於ける歴代碩学記念講演集

フリッツ・シュトリヒ編 ; 石川錬次邦訳監修

この本の情報

書名 独逸大学の精神 : アカデミーに於ける歴代碩学記念講演集
著作者等 Schiller, Friedrich
Wagner, Adolph
Curtius, Ernst
Droysen, Johann Gustav
Harnack, Adolf von
Jacobs, Friedrich
Müller, Johannes von
Schelling, Friedrich Wilhelm Joseph von
Siber, Heinrich
Strich, Fritz
Treitschke, Heinrich von
Troeltsch, Ernst
Vischer, Friedrich Theodor
石川 錬次
Moellendorf, Ulrich von Wilamowitz
書名ヨミ ドイツ ダイガク ノ セイシン : アカデミー ニオケル レキダイ セキガク キネン コウエンシュウ
書名別名 Deutsche Akademiereden
出版元 高山書院
刊行年月 1944.1
ページ数 11, 3, 357p
大きさ 22cm
NCID BN0532448X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
マルティン・ルッターの精神史的意義 アードルフ・ハルナック
ローマとドイツ人 エルンスト・クルティウス
ヴェルダン協定一千年記念講演 グスタフ・ドゥロイゼン
偉大なる戦の回顧 ハインリヒ・フォン・トライチュケ
古代民族の自由の没落について ヨハン・フォン・ミュラー
大學の正統的經濟學と社會主義 アードルフ・ワ゛ーグナー
如何なる意味、如何なる目的を以て人は世界史を學ぶか フリードリヒ・フォン・シラー
宗教と經濟 エルンスト・トレルチュ
希臘人の道徳教育に就いて フリードリヒ・ヤーコブス
正教授就任に際して フリードリヒ・テオドール・フィッシャー
獨逸皇帝時代に關する最近の敍述について ハインリヒ・フォン・ジーベル
紀元一千九百年の新年に寄せて ウルリヒ・フォン・ヴィラモヴィツ・メレンドルフ
自然に對する造形美術の關係に就いて フリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・シェリング
自然認識の限界に就いて デュ・ボア・レイモン
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想