マルクス経済学

高畠素之 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序說 / 1
  • 第一部 餘剩價値の生產 / 33
  • 第一編 商品 貨幣 資本 / 33
  • 第一章 商品 / 33
  • 第一節 商品生產の性質 / 33
  • 第二節 商品の價値 / 46
  • 第二章 貨幣 / 63
  • 第一節 貨幣の發生 / 63
  • 第二節 貨幣の機能 / 76
  • 第三章 資本 / 96
  • 第一節 貨幣の資本化 / 96
  • 第二節 餘剩價値の源泉 / 103
  • 第二編 餘剩價値の生產 / 116
  • 第一章 餘剩價値の生產 / 116
  • 第一節 勞働行程と價値增殖行程 / 116
  • 第二節 不變資本及び可變資本 / 127
  • 第三節 餘剩價値率 / 136
  • 第二章 絕對的餘剩價値の生產並びに相對的餘剩價値の生產 / 146
  • 第一節 絕對的餘剩價値の生產 / 146
  • 第二節 相對的餘剩價値の生產 / 154
  • 第三編 協業 分業 機械 / 159
  • 第一章 協業 / 159
  • 第二章 分業 / 166
  • 第三章 機械 / 183
  • 第四編 資本の蓄積 / 209
  • 第一章 單純なる再生產 / 209
  • 第一節 餘剩價値の再生產 / 209
  • 第二節 單純なる再生產 / 214
  • 第二章 擴大せる再生產 / 217
  • 第一節 資本の蓄積 / 217
  • 第二節 資本蓄積に影響を及ぼす諸事情 / 225
  • 第三章 資本蓄積に伴ふ諸現象 / 230
  • 第一節 勞働力需要の增加 / 230
  • 第二節 可變資本の相對的減少 / 237
  • 第三節 過剩人口 / 246
  • 第二部 餘剩價値の實現 / 257
  • 第一編 資本の循環 / 257
  • 第一章 資本の循環 / 257
  • 第一節 貨幣資本の循環 / 257
  • 第二節 生產資本の循環 / 272
  • 第三節 商品資本の循環 / 283
  • 第二章 資本の流通 / 289
  • 第一節 資本流通の交錯 / 289
  • 第二節 流通期間及び流通費用 / 293
  • 第二編 資本の回轉 / 301
  • 第一章 資本の回轉に影響を及ぼす諸事情 / 301
  • 第一節 資本の回轉 / 301
  • 第二節 固定資本と流通資本 / 304
  • 第三節 生產期間及び流通期間 / 308
  • 第二章 資本の回轉が餘剩價値の實現に及ぼす影響 / 313
  • 第一節 資本前貸の大小に及ぼす影響 / 313
  • 第二節 餘剩價値の年率に及ぼす影響 / 318
  • 第三部 餘剩價値の配分 / 321
  • 第一編 餘剩價値の利潤化と利潤率の平均化 / 321
  • 第一章 餘剩價値の利潤化 / 321
  • 第一節 抽象の世界より現實の世界へ / 321
  • 第二節 費用價格 / 323
  • 第三節 不變資本及び可變資本の混同 / 325
  • 第四節 餘剩價値源泉の總資本への移轉 / 326
  • 第五節 費用價格と販賣價格 / 328
  • 第六節 利潤率 / 329
  • 第二章 利潤の平均利潤化 / 332
  • 第一節 資本組成の差異と其結果たる利潤率の差 / 332
  • 第二節 需給作用に依る價格調節 / 335
  • 第三節 利潤率の平均化 / 337
  • 第四節 生產價格と價値 / 340
  • 第二編 餘剩價値の配分 / 343
  • 第一章 商業利潤及び利子 / 343
  • 第一節 商業利潤 / 343
  • 第二節 利子 / 363
  • 第二章 餘剩利潤の地代化 / 379
  • 第一節 資本制地代 / 379
  • 第二節 對差地代の一般的特性 / 385
  • 第三節 對差地代の第一形態 / 390
  • 第四節 對差地代の第二形態 / 396
  • 第五節 絕對地代 / 404
  • 第四部 資本制生產の崩壞 / 413
  • 第一章 利潤率低下の傾向 / 413
  • 第一節 資本制生產の唯一動機 / 413
  • 第二節 勞働生產力の增進方法 / 414
  • 第三節 機械發達とその結果 / 415
  • 第四節 資本組成の高度化 / 417
  • 第五節 利潤率低下の傾向の法則 / 418
  • 第六節 利潤率低下と利潤量 / 420
  • 第七節 資本制生產に內在する矛盾 / 422
  • 第二章 餘剩價値實現上の困難の增大 / 423
  • 第一節 販路缺乏と過剩生產 / 423
  • 第二節 商品の二重性質 / 426
  • 第三節 無產者の購買力減退 / 427
  • 第四節 資本制度の崩壞と社會主義實現の必然性 / 428

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 マルクス経済学
著作者等 高畠 素之
書名ヨミ マルクス ケイザイガク
書名別名 Marukusu keizaigaku
シリーズ名 現代経済学全集 ; 第4巻
出版元 日本評論社
刊行年月 1929
ページ数 430p
大きさ 22cm
NCID BN05324446
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48012045
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想