ラストエンペラー夫人婉容

池内昭一, 孫憲治 著

ラストエンペラー溥儀の皇后、婉容は、阿片中毒にかかり、最後は家族とも引き離され野たれ死にする。その背景には、清王室の陰惨な因習と日本帝国による満州独立の謀略があった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 幻の王朝の皇后-北京紫禁城時代
  • 第2章 無冠の市民生活-天津時代
  • 第3章 満州国皇后の座-満州国時代
  • 第4章 囚われの果てに-戦後の末路

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラストエンペラー夫人婉容
著作者等 孫 憲治
池内 昭一
書名ヨミ ラスト エンペラー フジン エンヨウ
書名別名 Rasuto enpera fujin en'yo
出版元 毎日新聞社
刊行年月 1990.8
ページ数 230p
大きさ 20cm
ISBN 4620307513
NCID BN05322906
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90047814
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想