ルベーグ積分30講

志賀浩二 著

[目次]

  • 広がっていく極限
  • 数直線上の長さ
  • 直線上の完全加法性の様相
  • ふつうの面積概念-ジョルダン測度
  • ルベーグ外測度
  • ルベーグ内測度
  • 可測集合-ルベーグの構想
  • カラテオドリの構想
  • カラテオドリの外測度
  • 可測集合族
  • 測度空間
  • ルベーグ測度
  • 可測集合の周辺
  • 測度論の光と影
  • リーマン積分
  • ルベーグ積分へ向けて
  • 可測関数
  • 可測関数の積分
  • 積分の基本定理
  • 積分の性質〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルベーグ積分30講
著作者等 志賀 浩二
書名ヨミ ルベーグ セキブン サンジッコウ
シリーズ名 数学30講シリーズ 9
出版元 朝倉書店
刊行年月 1990.9
ページ数 243p
大きさ 21cm
ISBN 4254114842
NCID BN05312811
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91000506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想