新陰流小笠原長治

津本陽 著

天正18年、秀吉の天下制覇の野望の前に、北条氏の居城・小田原城は落城寸前であった。しかしその時、辛くも城を抜け、三河の新陰流奥山道場に身を隠した兵法者がいた-。武田家ゆかりの名族・遠州高天神城城主小笠原長忠の末弟、長治である。権謀術数を嫌い、弱肉強食の乱世を厭い、ひたすら剣の修行を続け、ついには道をきわめんと琉球、明に渡り、武芸者と対決した男のロマン。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新陰流小笠原長治
著作者等 津本 陽
書名ヨミ シンカゲリュウ オガサワラ ナガハル
書名別名 Shinkageryu ogasawara nagaharu
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1990.9
ページ数 339p
大きさ 15cm
ISBN 4101280037
NCID BN05302068
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90058611
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想