弁証法の諸問題

武谷三男 著

実践の指針としての技術論を展開する、「三段階認識論」の基礎となった諸論文を収録。戦前戦後を通じた我が国素粒子論の前進へ寄与しただけでなく、戦後の科学サークル運動にも多大な影響を与える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 弁証法の諸問題(哲学はいかにして有効さを取戻しうるか
  • 自然弁証法、空想から科学へ
  • 現代物理学と認識論
  • 自然の弁証法(量子力学について)
  • Naturscienco kaj Logiko ほか)
  • 続弁証法の諸問題(現代自然科学思想
  • 原子力時代
  • 原子力のはなし
  • 自然弁証法について
  • 自然の論理について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 弁証法の諸問題
著作者等 武谷 三男
書名ヨミ ベンショウホウ ノ ショモンダイ
出版元 勁草書房
刊行年月 2010.5
版表示 新装版.
ページ数 470p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-75048-1
NCID BB02532293
BN05300674
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21843995
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想