財政学 : 現代財政システムの総合的解明

池上惇 著

現代の財政は現代社会における人間の中心的な活動である。人権と正義の観点から公共サービスをいかにコントロールするかは緊急な課題と言えよう。「学習」と「インフラストラクチャー」をキーワードに、納税者主権による財政学を提唱し、家計の税負担と公共支出、金融・財政の関係とその国際的な展開に説き及ぶ、いま最も新しい標準的なテキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 主権者の意思決定と財政学
  • 第1章 公共選択の基礎理論-インフラストラクチャーの形成と共同資産
  • 第2章 予算制度の発展と公共的意思決定
  • 第3章 公共部門における経費の構造と機能-公共サービス供給システムの諸特徴
  • 第4章 租税システムと負担の公平
  • 第5章 公信用制度の発展と財政政策の展開
  • 第6章 財政の国際化と経済政策化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 財政学 : 現代財政システムの総合的解明
著作者等 池上 惇
書名ヨミ ザイセイガク
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.9
ページ数 326p
大きさ 22cm
ISBN 4000008846
NCID BN05288397
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91000425
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想