現代の気象テクノロジー  2

朝倉正 ほか編

[目次]

  • 1 総論
  • 2 大気拡散場の基本構造
  • 3 大気拡散場の観測
  • 4 局地気象とその解析手法
  • 5 環境濃度の解析手法
  • 6 大気拡散解析の基礎
  • 7 大気拡散の数値シミュレーション
  • 8 酸性雨の実態と機構
  • 9 地球規模環境汚染

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 1. 総論 / 1
  • 1.1 大気汚染 / 1
  • a. 大気汚染とは / 1
  • b. わが国の大気汚染の経緯 / 6
  • c. 今後の問題点 / 11
  • 1.2 自然界のバックグラウンド濃度 / 12
  • a. バックグラウンド値 / 12
  • b. 自然発生源 / 14
  • 1.3 大気汚染の人為的発生源 / 17
  • 1.4 環境汚染対策 / 19
  • a. 環境基準と環境目標値 / 20
  • b. 排出規制 / 23
  • c. 大気環境アセスメント / 25
  • 2. 大気拡散場の基本構造 / 28
  • 2.1 拡散場の基本特性 / 29
  • a. 大気現象のスケール / 29
  • b. 大気の成層 / 31
  • 2.2 風の場 / 32
  • a. 一般風と局地風 / 32
  • b. わが国の海陸風 / 33
  • c. 境界層の風 / 35
  • 2.3 静穏の特性 / 39
  • a. 静穏の定義と計器特性 / 39
  • b. 風速の統計 / 40
  • 2.4 大気の熱的成層 / 43
  • a. 大気安定度 / 43
  • b. 気温の日変化と境界層 / 49
  • c. 混合層と逆転層 / 50
  • d. 接地逆転層の特性 / 54
  • 2.5 境界層の厚さ / 58
  • 2.6 大気の乱れと拡散パラメータ / 60
  • a. 地表付近の乱れ / 61
  • b. 乱れの強度の鉛直分布 / 62
  • 3. 大気拡散場の観測 / 67
  • 3.1 気象データの収集・整理 / 67
  • a. 気象官署等の位置および観測項目と期間 / 68
  • b. 気候表や気候図で使われる統計値 / 69
  • c. 気象資料使用上の注意事項 / 69
  • 3.2 地上気象観測法 / 71
  • a. 測器 / 71
  • b. 観測上の留意事項 / 76
  • c. 測器の評価時間と観測時間 / 76
  • 3.3 上層気象観測法 / 79
  • a. 観測の方法 / 80
  • b. 観測上の留意事項 / 84
  • c. 観測精度 / 85
  • 4. 局地気象とその解析手法 / 87
  • 4.1 海陸風 / 88
  • 4.2 海陸風系の抽出 / 93
  • 4.3 海陸風系の構造 / 97
  • a. 水平分布 / 97
  • b. 鉛直構造 / 98
  • 4.4 山谷風 / 102
  • 4.5 都市気象 / 104
  • a. 地上気温 / 104
  • b. 気温鉛直分布 / 106
  • c. 地上風 / 107
  • d. 上空の風 / 108
  • 4.6 山岳,河川等の影響 / 109
  • 5. 環境濃度の解析手法 / 111
  • 5.1 解析手法の考え方 / 111
  • 5.2 煙源分布と汚染濃度 / 113
  • 5.3 環境濃度と気象条件 / 114
  • a. 風向 / 114
  • b. 風速 / 116
  • c. 大気安定度 / 117
  • d. 気象条件と濃度の日変化 / 118
  • 5.4 局地気象解析 / 120
  • a. 事例解析 / 120
  • b. 層別解析 / 122
  • c. 総合解析 / 123
  • 6. 大気拡散解析の基礎 / 131
  • 6.1 汚染物質の大気中の挙動 / 131
  • a. 風による運搬希釈 / 131
  • b. 変質 / 134
  • c. 洗浄・除去 / 136
  • 6.2 排煙の上昇高さ / 136
  • a. 有風時 / 138
  • b. 無風時 / 138
  • 6.3 拡散式 / 140
  • 6.4 乱流拡散の統計理論 / 144
  • 6.5 拡散パラメータ / 146
  • a. 煙の拡がり幅 / 146
  • b. 煙の拡がり幅と大気の乱れ / 157
  • c. 煙の拡がり幅と平均時間 / 159
  • 7. 大気拡散の数値シミュレーション / 161
  • 7.1 拡散場のスケール / 162
  • a. 空間スケール / 162
  • b. 時間スケール / 163
  • 7.2 環境影響評価の基礎データ / 163
  • a. 対象地域とデータ収集 / 163
  • b. 発生源 / 164
  • 7.3 環境濃度シミュレーション / 165
  • a. 代表風向・風速の設定 / 166
  • b. 拡散場のモデル化 / 167
  • c. 煙上昇高さ / 168
  • d. 拡散モデル / 168
  • e. 拡散幅 / 170
  • f. 付帯条件 / 172
  • 7.4 モデルの評価 / 172
  • 7.5 地上濃度に及ぼす気象の影響 / 173
  • a. 風速 / 173
  • b. 静穏時の拡散 / 175
  • c. リッドの影響 / 179
  • d. 大気成層 / 181
  • 7.6 非定常現象の取扱い / 182
  • a. 逆転層崩壊によるフュミゲーション / 183
  • b. 内部境界層フュミゲーション / 184
  • c. トラッピング / 186
  • d. 対流不安定 / 186
  • 7.7 地形効果の影響を考慮した数値計算 / 188
  • a. 基礎的モデル / 188
  • b. 実用モデル / 191
  • c. 非定常場の拡散 / 195
  • 7.8 長距離拡散 / 197
  • a. シミュレーション / 197
  • b. バックグラウンド解析 / 201
  • 8. 酸性雨の実態と機構 / 204
  • 8.1 酸性雨とは / 204
  • 8.2 酸性雨の実態概要 / 205
  • a. 降水性状 / 205
  • b. 影響 / 208
  • 8.3 観測と研究の動向 / 211
  • a. 観測と研究体制 / 211
  • b. 測定法の問題 / 215
  • 8.4 酸性雨の機構 / 216
  • a. 乾性沈着 / 217
  • b. 湿性沈着 / 218
  • 8.5 解析 / 219
  • a. 酸性雨の気象解析 / 219
  • b. 沈着量の実態 / 219
  • c. 排出量と沈着量の収支 / 221
  • 8.6 数値シミュレーション / 223
  • 8.7 酸性雨対策 / 226
  • 9. 地球規模環境汚染 / 227
  • 9.1 二酸化炭素の影響 / 227
  • a. 問題点 / 228
  • b. 二酸化炭素濃度の経年変化 / 228
  • c. 二酸化炭素の循環 / 229
  • d. 二酸化炭素の気候影響 / 231
  • e. 地球温暖化の実証 / 232
  • 9.2 微量ガスとエアロゾルの影響 / 235
  • 9.3 地球規模汚染研究の動向 / 238
  • 参考文献 / 239
  • 索引 / 244

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代の気象テクノロジー
著作者等 千秋 鋭夫
小川 弘
朝倉 正
森口 実
書名ヨミ ゲンダイ ノ キショウ テクノロジー
書名別名 環境汚染と気象 : 大気環境アセスメントの技術
巻冊次 2
出版元 朝倉書店
刊行年月 1990.9
ページ数 249p
大きさ 22cm
ISBN 425416582X
NCID BN05280715
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90057231
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想