カリガリからヒトラーへ : ドイツ映画 1918-33における集団心理の構造分析

S.クラカウアー 著 ; 丸尾定 訳

著者は、映画は他の芸術媒体よりもより直接的な方法で、国民の集合的な精神を反映する、という考えのもとに、ドイツ映画をとおして、ヒトラーを出現させるに至ったドイツ人の秘められた内面的パターンを明らかにする。本書は前ファシズム的徴候へのきめ細かな分析による、文化史的アプローチの傑作といえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 擬古的な時代(1895‐1918)
  • 第一次大戦の時代(1918‐1924)
  • 安定した時期(1924‐1929)
  • ヒトラー直前期(1930‐1933)
  • 補遺 プロパガンダとナチの戦争映画

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カリガリからヒトラーへ : ドイツ映画 1918-33における集団心理の構造分析
著作者等 Kracauer, Siegfried
丸尾 定
クラカウアー ジークフリート
書名ヨミ カリガリ カラ ヒトラー エ
出版元 みすず書房
刊行年月 1970
版表示 新装版
ページ数 346, 16, 15p 図版16枚
大きさ 20cm
ISBN 4622015625
NCID BN0527053X
BN13281418
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75047559
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想